« 実務者はたいへんだ | トップページ | 外国に行ってまで恨むのって »

2014年7月29日 (火)

ひとのこころ

ひとのこころ

しんぶん赤旗:米のイスラエル寄り突出 ガザ侵攻を「自衛権」 国連の非難決議に反対
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-07-26/2014072607_01_1.html

ワシントンにあるシンクタンク「政策研究所」(IPS)のフィリス・ベニス研究員は、ケリー氏が仲介した中東和平交渉が失敗したのは「米国のすでに破綻した政策を繰り返しているからだ」と強調。「成功させる唯一の道は、イスラエルによる支配を維持する政策でなく、国際法と人権を守り双方を平等に扱う政策へと転換することだ」としています。

公正や平等は必要なことだけれども、それだけでは十分ではない。人々の心の中に溜まった恨みと復讐心をなんとかしないと平和は訪れない。ひとの心を忘れた正義は平和をもたらさない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 実務者はたいへんだ | トップページ | 外国に行ってまで恨むのって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60064627

この記事へのトラックバック一覧です: ひとのこころ:

« 実務者はたいへんだ | トップページ | 外国に行ってまで恨むのって »