« 民主主義というゲームは | トップページ | 当然の帰結 »

2014年7月 1日 (火)

ゼロイチ思考と想定外

ゼロイチ思考と想定外

朝日新聞:防衛省否定したが…米も「自国民優先」明記
http://www.asahi.com/articles/ASG6Z635WG6ZUTFK013.html?iref=comtop_6_04

集団的自衛権の行使をめぐり、「避難する日本人を乗せた米艦防護」の想定例について、朝日新聞は6月16日付の朝刊で、米側が過去の日米交渉で日本人救出を断ったと指摘する記事を掲載した。この報道に対し防衛省は17日の記者会見で「指摘は当たらない」と否定する見解を示した。しかし米側は、現在も米国民救出を優先する観点から日本など他国民の救出を確約しない方針を示している



しかし、当時の日本政府関係者によると、ガイドラインの内容を実行する周辺事態法をまとめる日米交渉では、日本側が米国のNEOに日本人救出を盛り込むよう求めたが、米側は「日本人救出を義務化はできない」と受け入れなかった。

朝日新聞の言っていることは、義務化されていないってこと、つまり必ず日本人が乗っていることは保証できないってこと。安倍さんの言っていることは、乗っているかもしれないってこと。

乗っているかどうかは、その時になってみないとわからない。乗っている確率が高いか低いか、乗っていないものと扱って良いほど低いかどうかだ。乗っている可能性がそれなりにあるなら、その時にどうするべきか考えておかなければならない。

  *        *        *

乗っている確率がゼロじゃないなら考えておくべき、とは言わない、そんなことを言ったら全世界のすべての置きうる事象を考えておかなくちゃならなくなるから。

  *        *        *

でも、朝日新聞の言っていることは「米軍に日本人を救出する義務はない」であって、余裕があっても日本人の乗船を拒否すると言っている訳ではない。

私には、日本人が乗っている場合の事を考えておくべきだけの確率が十二分にあるように思える。

  *        *        *

朝日新聞のこの記事からは、ゼロイチ思考というか、いまから日本人が乗っているかいないかがハッキリ決まっているような印象というか、乗せると保証していないんだから乗っていないとしてしまう、ちょっとおかしな考え方のパターンを感じた。上司や会社や顧客といった上位のものに完璧な答えを求めて、ちょっとでもミスや間違いがあると糾弾してしまう人間の考え方だ。

世界はもっと曖昧で不確定で誰も保証できないものなのだけれど。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民主主義というゲームは | トップページ | 当然の帰結 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59906178

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロイチ思考と想定外:

« 民主主義というゲームは | トップページ | 当然の帰結 »