« そうだよなぁ~ | トップページ | 無能な政府を持つことの悲劇 »

2014年7月11日 (金)

どんな人達がどんな影響を受けるのだろうか

どんな人達がどんな影響を受けるのだろうか

ニコニコニュース:「高3生に自衛隊の募集が届いてる!」騒動 毎年恒例なのに、なぜ?
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1145107?news_ref=top_topics_topic

ネット上で7月2日(2014年)あたりから、「高校生に自衛隊の募集案内が届いた!」「徴兵だ!」「赤紙だ!」などと騒ぐ声が出始めた。

集団的自衛権の行使容認に関わるニュースもあったタイミングだけに、過敏になってしまう気持ちも分からないでもない。しかし、不安になる必要はまったくない。実は、この時期に自衛隊の募集案内がくるのは「毎年恒例のこと」なのだ。煽っている人たちは、それが分かったうえでアクセスを集めたい確信犯か、単なる情弱のどちらかだろう。



冒頭の話に戻ると、煽動的なニュースを見たら、まずは「本当にそうなのか!?」と検証するところから始めたいものだ。

「煽っている人たちは、それが分かったうえでアクセスを集めたい確信犯か、単なる情弱のどちらかだろう」

実行者はそうだろうと思う。しかし、私は、煽られてしまった人々が、どう感じどう考え、そして、自衛隊に対して、あるいは反戦活動に対しての態度はどう影響を受けるだろうかに興味がある。煽られて恐怖を感じて、でも、自分で色々調べて考えて、ウソだと判った時、どう考えるだろうか。反戦団体に対して胡散臭いものというイメージを持たないだろうか。

  *        *       *

そして、もうひとつ嫌なことを私は考える。この煽りに乗ってしまって、反戦活動・反自衛隊活動に身を投じる人がいるとしたら、あるいは、そこまででなくても反戦団体や反自衛隊になる人がいるとしたら、それはどんな人だろうか。

自分で調べたり考えたりする、そこまででなくても、ちょっと事態の推移を見る冷静さがあればデマの類であることに気がつくだろう。そんな事が出来ない人達が反戦活動の側に入ることになる。

そんな人達は運動の発展に役立つのだろうか。

  *        *       *

すぐにバレるデマで人を集めたところで、優秀な人間は集まらない。バカを集めたところで戦力にはならない。

  *        *       *

政治団体・市民団体にも色々あるだろうけれど、程度の低いデマで人をあつめても、結局、その程度の人間しかあつまらなくて、同程度の行為を繰り返すことになる。そして簡単にデマにひっかかる人間ばかりでは、社会を変えることなど出来はしない。

これは右で左でも変わらない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« そうだよなぁ~ | トップページ | 無能な政府を持つことの悲劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59962749

この記事へのトラックバック一覧です: どんな人達がどんな影響を受けるのだろうか:

« そうだよなぁ~ | トップページ | 無能な政府を持つことの悲劇 »