« やばいなぁ | トップページ | 被害を拡大したのは何かも検証しなければ »

2014年7月31日 (木)

経営側も歓迎する?

経営側も歓迎する?

しんぶん赤旗:安倍政権の暴走と対決 150万組織へ 全労連大会終わる
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-07-30/2014073001_07_1.html

「戦争できる国づくり」反対のたたかいでは、民主主義の前進に逆行する動きを軽視せず、国民や労働者への影響をリアルに語ることが大切だと語りました。

安倍政権打倒の国民運動への合流にかかわって、全労連の各組織が国民共同の要の位置にあり、「一点共闘」を政権打倒に集約するうえで重要な役割を担っていると強調。全労連の総力を早期退陣要求にむける努力をつくすよう訴えました。「かがやけ憲法署名」の推進を呼びかけました。

労働組合の弱体化の理由のひとつに、あまりにも労働者と関係のないというか、個々の労働者によって意見の異なる政治問題に関わり過ぎていることがある。そう私は思っている。

そして労働組合が経営者と対立するものであるならば、労働組合が、こういった政治問題に関わることに経営側は歓迎するだろう。それは労働組合の弱体化に繋がるのだから。

  *        *       *

労働組合の価値は憲法九条を護ることにはない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

2014/07/31 08:10 修正

 修正前:労働組合の価値は憲法九条に反対することにはない。

 修正後:労働組合の価値は憲法九条を護ることにはない。

|

« やばいなぁ | トップページ | 被害を拡大したのは何かも検証しなければ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60071268

この記事へのトラックバック一覧です: 経営側も歓迎する?:

« やばいなぁ | トップページ | 被害を拡大したのは何かも検証しなければ »