« しつこいと嫌われる | トップページ | 中国の(政治的)言葉の信用度はゼロ »

2014年7月 8日 (火)

日本の事だけ考える平和主義者は平和をもたらすか

日本の事だけ考える平和主義者は平和をもたらすか

ゲンダイ:東大名誉教授・石田雄氏 「戦争に向かった戦前と似ている」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/151621/2

――平和という言葉の使い方がまず、そっくりだと。

それと排外的なナショナリズムのあおり方ですね。積極的平和主義と排他主義が重なり合うと、非常に危険な要素になります。平和とは非暴力であり、非暴力とは敵を憎まないことです。敵を理解することで、問題を解決しようという考え方です。しかし、今の安倍政権は中国、韓国を挑発し、緊張をつくり出している。そこに積極的平和主義が重なるものだから、危ないのです。

「非暴力とは敵を憎まないことです。敵を理解することで、問題を解決しようという考え方です」

であれば、中国の考え方や価値観を日本人に理解させることが重要だということですね。しかし、引用元の記事全文を読んでも中国の現実や思想について語っている部分はありません。そこは、ちょっと不満です。

  *        *       *

中国の現実や中国人のものの見方や考え方を日本人に知らせること、理解させることは意義のあることと思います。

  *        *       *

「今の安倍政権は中国、韓国を挑発し、緊張をつくり出している」と言うのは一方的な見方だと思います。日本の韓国への見方が悪化したのは李前韓国大統領の竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求発言からです。また、それ以前から「従軍慰安婦」などで日本への誹謗中傷は続いていました。また、中国の江沢民元国家主席も反日的な発言を何度も行いました。

日本側にとって見れば、中国や韓国こそが挑発しているのです。

  *        *       *

もちろん、それ以前の様々な出来事がありますから、どちらが最初に攻撃したとかどちらが悪いとか言い出したらきりがありません。

  *        *       *

でも、引用元の記事を読んで思ったのは、「この人は自分のことだけ(日本のことだけ)しか見えてないな」ということです。日本が、過去、さまざまな事を行ったのは事実です。良いことも悪いこともあるでしょう。しかし、それだけ(日本のことだけ)しか見ないとい(書かない)というのはどうなのでしょうか。

中国や韓国が行ったことを見ない(書かない)といのでは、まるで自分の事だけ考えて相手のことを考えていないような、自己中な印象をもってしまいます。

それで、良いのでしょうか。

  *        *       *

ところで、私は、ずいぶん批判的な事を書いてしまいましたが、最初に引用元の記事を読んだときに目に入ってしまったサブタイトルが影響しています。

学徒出陣した私には首相のいかがわしさがすぐ分かる

読んだとき、吹き出してしまいました。

学徒出陣したからって戦争の何が判るのでしょうか?

まるで、学生バイトで働けばブラック企業やグローバリズムの問題点を全て判ってしまうような言い方です。

  *        *       *

現場を経験していること、現場を知っていることは大事です。若い人達や学生バイトに政治や企業の問題点を語るなとは言いません。おおいに語って欲しい、問題提起してほしい。けれども、学生バイトは学生バイトなので、経験したからと言って、経済問題や社会問題の権威になるわけじゃない。

企業を理解できるほどの経験じゃないし、社長の決断を批判してもよいけれど、学生バイトが大企業の社長の決断を批判しても良いけれど、聞くほうとしては、あくまでも学生バイトの話として聞かなければならない。

それを権威であるかのように語られてしまうと、吹き出してしまう。

  *        *       *

私は、50代なかばで、エンジニアとして仕事している。当然、私にも20代はあったし、そのころも仕事していた。20代前半の若者が企業に対して持っている知識の程度も知っている。20代前半で、企業内政治や企業の論理を理解している人間なんているだろうか。

20代、30代、40代と経験して、いまだに良くわからないけれど、少なくとも20代の私の経験や知識では企業の論理や動き方を理解できていたとは言えないということは判る。

「学徒出陣した私には首相のいかがわしさがすぐ分かる」

学徒出陣、つまり学生として軍隊の末端に属したことで、戦争を理解したようなことを語るのは、吹き出してしまうほどおかしなことだと、私には思える。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« しつこいと嫌われる | トップページ | 中国の(政治的)言葉の信用度はゼロ »

コメント

「学徒出陣」。なんかいやらしい響きですね。あたかも自分らか軍隊に属した事が特別みたいな感じで。思い上がりがでかいのですよ。(#゚Д゚)ドカーン!
もっと低い学歴だったら、徴兵されていただろうと言うのに、「学徒出陣」と強調する所なんかが、自分らがエリートだと強調しているようで、鼻持ちなりません!

投稿: DUCE | 2014年7月 9日 (水) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59950704

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の事だけ考える平和主義者は平和をもたらすか:

« しつこいと嫌われる | トップページ | 中国の(政治的)言葉の信用度はゼロ »