« 経済的徴兵制 | トップページ | 歴史と政治とを区別してくれたらね »

2014年7月14日 (月)

景気対策は大事ということですね

景気対策は大事ということですね

しんぶん赤旗:解雇しやすく低賃金 「多様な正社員」拡大へ 厚労省 有識者懇が報告書案
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-07-14/2014071404_01_1.html

事業所閉鎖や職務の廃止などによる「多様な正社員」の整理解雇について、解雇回避努力が不要とされるものではないとしつつ、「配置転換が可能な範囲の広さに応じて、使用者に求められる同一の企業内での雇用維持のための解雇回避努力の程度も異なってくる」と指摘。正社員と比べ「多様な正社員」の解雇が容易となりうることを示唆しています。

「解雇しやすく低賃金」でOKOKの会社は、景気が回復した時にどうなるでしょうか。

東京新聞:人手不足倒産が急増 バブル期以来 中小の経営圧迫
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014070602000112.html

求人難による倒産はバブル期に膨らみ、末期の一九九一年には二百五十八件に達したが、九〇年代の半ば以降はほぼゼロの状態が続いていた。

ことしに入って状況は一変し、人手不足による倒産は今後も増える見通しだ。倒産に至らなくても休業や自主廃業に追い込まれる「隠れ倒産」も増加しているという。

人手不足倒産した企業やその経営者が全て悪いとは言いませんけれど、企業の役目のひとつは被雇用者に良い待遇を与え鵜事です。それに失敗した企業は(その競争に負けた企業は)市場から追い出されます。

  *       *      *

解雇しやすいということの裏側を見抜けない経営者は無能な経営者です。

  *       *      *

景気が良ければ、仕事を選べる。解雇されやすい職場を選ぶ必要なんてなくります。景気をよくする、仕事を増やす、そういったことを出来る政権が良い政権です。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 経済的徴兵制 | トップページ | 歴史と政治とを区別してくれたらね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59986040

この記事へのトラックバック一覧です: 景気対策は大事ということですね:

« 経済的徴兵制 | トップページ | 歴史と政治とを区別してくれたらね »