« 雑感 | トップページ | 「大衆は愚かだ。感情と憎悪でコントロールできる」 »

2014年8月12日 (火)

全員が仲良くするのは無理なので

全員が仲良くするのは無理なので

週刊金曜日:ヘイトスピーチなんかいらない! 1500人がパレード――大阪に鳴り響いた「反差別」
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=4603

7月20日、3連休中の大阪市内にサウンドカー、ダンスチーム、朝鮮王朝楽団などからなる賑やかな隊列が現れ、通行人の目を引いた。隊の名は「仲良くしようぜパレード2014」。大阪での開催は今年2回目だ。この日は約2時間かけ市内を練り歩いた。ゴール後、参加者からは口々に「楽しかった」という言葉が飛び出した。

「仲良くしようぜ」というのは表現の自由だし、仲良くすることは悪いことではない。しかし、すべての人間が「仲良く」することは不可能だということを理解した上で行動しなければ良い結果は得られない。

例えば「LGBT(セクシャル・マイノリティ)のシンボルでもあるレインボー・フラッグを持って行進する人々」の写真が引用元の記事にはある。こういったLGBTとイスラム原理主義やキリスト教原理主義の方々は仲良くできるだろうか。マララ・ユサフザイさんとフェミニストは仲良くできるだろうけれど、そこにタリバンが重なったら仲良くできるだろうか。パレスチナ人とユダヤ人はどうだろうか。中国共産党党員とチベットやウイグルの人々はどうだろうか。

  *        *        *

仲良くすることは美しい、けれども仲良く出来ない人々もいる。あるいは、主義主張や宗教的信念を放棄しなければ仲良く出来ない場合があることに気がつかなければならない。仲良くするにしても「ここからここまで」とか「中心にこの思想を置きます」といったことがあることを意識しないわけにはいかない。

  *        *        *

仲良くすること強制するのも「権力」であり「暴力」であることも意識しなければならない。

  *        *        *

仲良くする、それは良い。では、どんな人々と仲良くするかが問題で、そう言った瞬間に党派と区別や差別が出来てしまうのだ。それが人間の(いや、生物の)限界なのだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 雑感 | トップページ | 「大衆は愚かだ。感情と憎悪でコントロールできる」 »

コメント

よしんば「自分」自身がそれでうまく行ったとしても、その「自分」に連なる他人は必ずしもそうは考えるとは限らない物です。
「自分」が仲良くしているある者が、別の人間から見て嫌いな人間であったならば、その別の人間は「自分」に対してごねる事は十分あり得ます。
「なんであんな奴と仲良くするんだよ。あいつと縁を切らないのならば、君との縁はこれまでだ」と言う風になる事が往々として存在する物です。

投稿: DUCE | 2014年8月12日 (火) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60140397

この記事へのトラックバック一覧です: 全員が仲良くするのは無理なので:

« 雑感 | トップページ | 「大衆は愚かだ。感情と憎悪でコントロールできる」 »