« 韓国政府だって | トップページ | 実用的だが、次の問題が »

2014年8月10日 (日)

即物的

即物的

しんぶん赤旗:「集団的自衛権」の議論もっと “冷笑”議会に猛省促す 北海道旭川 共産党市議への侮蔑に憤り
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-08-09/2014080915_01_1.html

教え子戦場には

近くにある自衛隊の演習場からの大砲のドーン、ドーンという音が授業中の教室を震わせていた。こんなことでいいのか、という思いがあった。管理職をしていても頭の隅に『再び教え子を戦場に送らない』というスローガンがあったからね」

集団的自衛権については「正直言ってよくわからないこともある。しかし多数で政権を握ったからといって憲法9条の解釈を勝手に変えて、きな臭い方向にもっていくやり方は納得できない。だから市議会でも集団的自衛権の論議をきちんと深めてほしいと思う」。 

戦車を見たらとか、軍服を見たらとか、砲声を聞いたらとか、反戦運動の一部には、なんだかすごく即物的な部分がある(いる?)。そういう反応を見聞きすると、世の中もう少し複雑なんだよと言いたくなる。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 韓国政府だって | トップページ | 実用的だが、次の問題が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60126054

この記事へのトラックバック一覧です: 即物的:

» 近未来の日本の地獄絵図を警告する「竹林はるか遠く」 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
↓のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 橋下徹はコリア系アナーキスト大 [続きを読む]

受信: 2014年8月10日 (日) 18時41分

« 韓国政府だって | トップページ | 実用的だが、次の問題が »