« 再認識 | トップページ | コピペ批判は危険な香り »

2014年8月 8日 (金)

野党とマスコミの責任

野党とマスコミの責任

毎日新聞:Listening:<社説を読み解く>集団的自衛権とメディア 民主主義のモラルハザード懸念
http://mainichi.jp/journalism/listening/news/20140805org00m010003000c.html

世論調査で過半数が集団的自衛権行使容認の閣議決定に反対しているのは、政府の説明が胸に届いていないことの表れだ。「国民の広範な理解と納得」という基盤が失われたまま、集団的自衛権行使の関連法整備がこれから進んでいくなら、それは民主主義のモラルハザード(倫理崩壊)につながりかねない。そうならないためにも、新聞には政権を監視し、説明責任を果たすよう求め、国民を巻き込んだ論議の媒介役を果たすという大事な役割がある。

世論調査すると原発再稼働反対が多いけど、選挙で勝つのは再稼働容認の候補。世論調査すると集団的自衛権行使容認に反対が多いけれど、安倍政権の支持率は高いし、自民党の支持率は高いまま(野党の支持率を合計しても自民党への支持率の半分ぐらい)。

何故なんでしょうか。

野党がどうしようもないか、マスコミが頓珍漢なことをしているということでしょう。

  *        *        *

「新聞には政権を監視し、説明責任を果たすよう求め、国民を巻き込んだ論議の媒介役を果たすという大事な役割がある」。環視については判りませんけれど、「国民を巻き込んだ論議の媒介役を果たす」という役割は果たせていません。実行できていたら、集団的自衛権の行使容認に反対だけれど支持率が高いなんて矛盾は起こらないでしょうから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 再認識 | トップページ | コピペ批判は危険な香り »

コメント

OQ層的にはきっと別なんですよ。安全保障と他の政策は。
支持率は経済対策が大きいと思います。あと外交。
「何しているのか分からないけど
あんなに良く外国に行ってる総理大臣はあまりいなかった、すごい」という、
民主党政権との比較は、OQ層の間にも認識されているのではないかと勝手に思います。聞いた事無いけど。

正直、毎日新聞は今読みたくないので勉強不足なんですがw
共産党の新品のアジびらが嫌と言うほど道に貼られてますよね、
戦争をする国がどうのとか。
あれと政府説明の落差があまりにもアレすぎて理解できない、
というのがOQさんたちの言い分ならば、
「説明が足りない」事になろうかと思います。
なにせ戦争するわ徴兵も有るわ憲法を踏みにじって外国を侵略ですよw
新聞まで悪質なアジびらなんですから、OQ層には少々同情している次第です。

投稿: ohsui | 2014年8月 8日 (金) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60115764

この記事へのトラックバック一覧です: 野党とマスコミの責任:

« 再認識 | トップページ | コピペ批判は危険な香り »