« 民主国家において政府の行為と国民の意志は分離できるか | トップページ | まぁ、なんだ、がんばれ »

2014年9月11日 (木)

それを「言いがかり」と言う

それを「言いがかり」と言う

伊勢新聞社:大観小観(2014年9月10日)
http://www.isenp.co.jp/taikan/taikans.htm

▼迎えの馬にさっそうと乗って出勤していた旧日本軍幹部の父が敗戦決定後、虚脱した表情で持ち帰った資料を何日も燃やしていたという文章を読んだことがある。あちこちで見かけた光景に違いない。戦中の軍の行動について、公式文書がないことが事実がなかったことにならないことを改めて考えさせられた。

証拠が無いことは無実の証明にはならない。けれども不十分な証拠で誰かを悪く言うことを「言い掛かり」と言います。証拠がないのに罰してしまうことが許される世の中だったら冤罪がどんど産まれることになる。

そして十分に確実な証拠があっても誰かを悪く言ったら関係は悪化する。

  *      *      *

誰かを悪く言うときには証拠と覚悟が必要です。

自分も心したいと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民主国家において政府の行為と国民の意志は分離できるか | トップページ | まぁ、なんだ、がんばれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60296529

この記事へのトラックバック一覧です: それを「言いがかり」と言う:

« 民主国家において政府の行為と国民の意志は分離できるか | トップページ | まぁ、なんだ、がんばれ »