« 決断できる? | トップページ | ニューヨークタイムスの差別発言?に思うこと »

2014年9月 8日 (月)

原因を言わないで結果を求める

原因を言わないで結果を求める

中日新聞 社説:格差拡大は成長妨げる 週のはじめに考える
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2014090702000102.html

それは「経済成長率よりも資本収益率が常に上回っている」、つまり労働者が汗水たらして働いて得る賃金の上昇(国民所得の伸び)より、金持ちが不動産や金融資産から得る利益の増え方の方が高い。持つ人と、持たざる人の格差は拡大していくという受け入れがたいともいえる事実でした。

例外は戦争と大恐慌時。資本が破壊されて一時的に格差は縮小するのです。不気味なのは最近の格差の水準が、第一次世界大戦直前に近づいていることだと、ピケティ氏は「警告」します。

さらに格差は相続によって親から子へと継承され、氏はこの「世襲資本主義」は果たして公正なのかと問い掛けます。

単なる金持ちが金持ちなだけで、「金持ちが不動産や金融資産から得る利益の増え方の方が高い」という状態にはならないだろう。金持ちも金持ちなりに働いて何かを生産している。

なぜ、「労働者が汗水たらして働いて得る賃金の上昇(国民所得の伸び)より、金持ちが不動産や金融資産から得る利益の増え方の方が高い」という状態になるのか。その理由が判らなければ対策は間違ったものになって逆効果にさえなるかもしれない。

  *        *        *

格差拡大を批判している言論はよくみるし、格差拡大の弊害も理解する。しかし、格差拡大の理由や原因を説明したものは少ない。

原因を言わないで結果を求めるのは、子供やお客さんの特権だ。社説のとる態度ではない。

  *        *        *

ところで、「例外は戦争と大恐慌時。資本が破壊されて一時的に格差は縮小するのです」ということであれば、資本家は戦争ではなく平和を求める勢力(平和勢力)になるでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 決断できる? | トップページ | ニューヨークタイムスの差別発言?に思うこと »

コメント

>相続によって親から子へと継承され

1代目は才能があって財産を築いたが、相続した苦労知らずの2代目が、財産を食いつぶしたと言う話は、良く聞く。
そうならないために、金持ちは子や孫に教育に力を入れる。
だから、えてして金持ちの子は学歴・学力が高い。
お金があるかた塾へ通えて、学歴・学力が高いのでは、ない。
意識が高いのだ。
財産を減らさずに次へ継承させるのは、日本の今の法律の中で、並大抵のことでない。

投稿: a | 2014年9月 8日 (月) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60279728

この記事へのトラックバック一覧です: 原因を言わないで結果を求める:

« 決断できる? | トップページ | ニューヨークタイムスの差別発言?に思うこと »