« アイヌの教育を日本(シャモ・和人)に任せてよいか? | トップページ | これが日本だったら »

2014年9月18日 (木)

民主党分裂希望

民主党分裂希望

ダイアモンドオンライン:民主党は新体制で再生できるか!?
http://diamond.jp/articles/-/59253?page=2

このうち、今後大きな展開を期待できるのは、海江田・枝野体制となる民主党であろう。もちろんそのためには当面の重要課題に対する政策姿勢の明確化が絶対の条件だ。

最小限、①原発再稼働に反対する、②消費税増税の前に無駄遣いを排除、③集団的自衛権の行使を認めないことは断じて欠かせない。

なかでも②は、民主党の没落を招いた突出した理由である。消費税増税に至る経過に改めて謝罪する必要がある。もちろんこれに賛同しない人の離党や党の分裂を覚悟の上で突き進まなければ、失った信頼は決して取り戻すことができない。



念を押すが、先述の①~③の3つの課題にあいまいであれば、来年までに民主党は砂漠の中の川のように消えてしまうだろう。党内よりも広く世論を味方にして進んでほしい。

民主党が分裂して左翼政党・右翼政党が出来て、社民党や次世代の党と合流してくれた方が判りやすくて、自分としてはありがたい。

だけれども「①原発再稼働に反対する、②消費税増税の前に無駄遣いを排除、③集団的自衛権の行使を認めない」で現実的な政権運営が出来るとは思えない。

  *        *        *

「①原発再稼働に反対する」では、長期的にはともかく短期的には産業に悪影響があり、不況と失業、その結果としてのブラック企業の跋扈をまねくだろう(「すき家」が改善に動き出したのは、アルバイトに逃げられたからで、アルバイトが他の職場を見つけられたからで、それは好況になったからだ。下手な経済運営をして不況になったら、ブラック企業的な雇用をする企業が有利になる、ブラック企業が増える)。

「②消費税増税の前に無駄遣いを排除」、正しい理想だけれど、簡単にはできない。民主党の仕分けは見せ物としては面白かったかれど、それだけだった。増税の前にやることがあるだろう、と言うのは正しいのだけれど、それが終わらないと増税しないとなると、永遠に増税は出来ない。その結果、財政が破綻するまで、財政赤字の拡大は止まらない。あるいは福祉の切り捨てか。

「③集団的自衛権の行使を認めない」アメリカの軍事力が(相対的には)低下している現在、日本が集団的自衛権を否定したらどうなるだろうか。日米安保に悪影響を与えないだろうか。万一、安全保障に失敗したら、沖縄は戦地になりかねない。集団的安全保障には「まきこまれる」という危険もあるけれど、他国が日本を攻撃するハードルが高くなるという効果もあるし、日本が援助することで安全保障上の利益を得た国は日本に協力的になるだろう。

アメリカとの関係悪化を覚悟するのは簡単ではないし、関係悪化させたままで(関係悪化を表面化させたままで)政権が維持できるとは思えない。

  *        *        *

民主党には分裂し、引用した記事の3項目を墨守する人々を切り捨てることを望む。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« アイヌの教育を日本(シャモ・和人)に任せてよいか? | トップページ | これが日本だったら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60333622

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党分裂希望:

« アイヌの教育を日本(シャモ・和人)に任せてよいか? | トップページ | これが日本だったら »