« こころの自由 | トップページ | 原因を言わないで結果を求める »

2014年9月 7日 (日)

決断できる?

決断できる?

毎日新聞 社説:NATO 不透明な世界の重しに
http://mainichi.jp/opinion/news/20140907k0000m070079000c.html

世界の風向きが変わったのである。冷戦終結後、四半世紀にわたって協調を模索してきた米欧とロシアの対立が深まり、米国主導の軍事機構・北大西洋条約機構(NATO)は4、5両日の首脳会議で、ロシアへの強い不信感を打ち出した。その典型的な例は、2〜3日で目的地へ派遣できる「速攻部隊」(約4000人規模)の創設である。



ロシアとの対立を穏便に乗り切り、イスラム過激派との戦いに勝ち抜く。前途は多難とはいえ、最強の軍事機構(NATO)が世界の平和と安定の重しになるよう期待する。

今回のウクライナの件の前からこういった即応部隊・速攻部隊があったとして、政治はこの部隊を活用できるだろうか。科学技術の発展・インフラの整備・軍事技術の進歩によって2~3日で目的地へ部隊を派遣できるようにはなるだろう。しかし、ウクライナにロシア軍(?)が侵入したときに直ちにウクライナ東部へ投入すると決断できるだろうか。

部隊の能力としてはともかく、政治の手続き・各国間の調整によって結局は同じ結果になるような気がする。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« こころの自由 | トップページ | 原因を言わないで結果を求める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60273761

この記事へのトラックバック一覧です: 決断できる?:

« こころの自由 | トップページ | 原因を言わないで結果を求める »