« これが日本だったら | トップページ | 朝日新聞のバッチを配ってみたい »

2014年9月19日 (金)

準備する

準備する

BLOGOS:【スコットランド独立投票】あなたなら家を出ていこうとする妻にどんな言葉をかけますか?
http://blogos.com/article/94635/

夫(キャメロン首相)は完全に妻(サモンド氏)の気持ちを読み誤った。もし、スコットランド独立賛成派が過半数を占めたら、日本はそこからどんな教訓を学ぶべきか。

もし、沖縄が本気で独立を考え始めたら、あなたならどんな言葉を選ぶだろう。(1)「不安をあおる戦略」か(2)「なだめ戦略」か、それとも心から愛の言葉を贈るのか。

沖縄が独立した場合への準備をする。沖縄がアメリカの影響下にとどまれば良いが、そうでない場合、中国の支配下に入るだろう。沖縄で暴動や衝突、難民の発生があるだろう。その難民をどうするか、受け入れるか拒否するか考えておかなければならない。また、日本に軍事援助を求めてきた場合も考えておかなければならない。

  *        *        *

沖縄が独立した場合、そして米軍基地を排除した場合(アメリカは法には従うので、地元政府が出て行って欲しいと要求すれば出ていくだろう)、中国の侵略を受けることになる。

中国は地元政府の意向なんて無視するので、言葉で出て行って欲しいと言っても聞いてくれないだろう。民主主義は終わり暴力による支配の始まりだ。

  *        *        *

スコットランドが独立を選んだ場合、長期的にはともかく、短期的には混乱が起こるだろう。独立派が仕事の大変さを判っているようには私には思えない。

日本の旧民主党政権以上の大混乱になるのではないか。

  *        *        *

独立を叫ぶことで中央政府からの譲歩を引き出す、これは戦術だと思うけれど、一歩間違えれば、感情的になってしまい、取り返しのつかない事態をまねきかねない。

  *        *        *

「アラブの春」は結局何をもたらしたのだろう。イスラム国だろうか。

民主主義、地方自治権は良いものであるけれど、それを求めることが必ず良い結果をもたらすとはかぎらない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« これが日本だったら | トップページ | 朝日新聞のバッチを配ってみたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60339269

この記事へのトラックバック一覧です: 準備する:

« これが日本だったら | トップページ | 朝日新聞のバッチを配ってみたい »