« 従軍慰安婦の次 | トップページ | 申し込みと導入量 »

2014年10月 1日 (水)

信頼できるマスコミにウワサを検証してもらいたい

信頼できるマスコミにウワサを検証してもらいたい

東スポ:土井たか子氏 墓場まで持ち込んだ?北朝鮮の秘密
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/317465/

政府関係者は「土井氏は拉致問題や北朝鮮の不都合な話について、何らかの情報を知っていたと思われます。これまで土井氏はこれらについて一言も話しませんでした。そして、文字通り墓場まで持っていってしまいました」と明かす。

別の政府関係者も「社会主義国の北朝鮮にとって社会党はつながりやすかった。だからこそ土井氏が何かを知っているはずという話になるわけです。もっとも何を知っているかという具体的なことは分かりません。だからこそ土井氏に話を聞きたかったんです」と無念さをにじませた。

故土井たか子氏と北朝鮮の関係はネットでのウワサレベルなら見聞きしたことがあります。また、拉致被害者が必死の思いで出した手紙を土井さんに見せたらどうなったなどという話はネットではなく一般のマスコミで読んだ記憶があります。土井氏は衆議院議長を勤めた方でもありますし、土井氏と北朝鮮の関係について検証することは必要なのではないでしょうか。

そういった検証が、いわゆる大手マスコミで行われず、スポーツ新聞で再認識させられるといのは、どういう事でしょうか。大手のマスコミはマスコミとしての職責を果たしているのでしょうか。

私は、朝日新聞や毎日新聞にこそ、こういったことに対して検証記事をかいて欲しいと思います。無関係であったとか、関係はあったけれども日本の国益を損なっていないとか、結論は各社の責任であり自由ですからぜひとも書いてもらいたいものだと思います。

沈黙は、自分たちに不都合だから書かないのだと邪推してしまいますから。

  *        *       *

ネット上には様々なウワサがあります。信頼度の低い雑誌もあります。そういったメディアで繰り返し流されるウワサやデマ、繰り返しじゃくても(一時的にでも)大きな声になってしまうウワサやデマ、そういったものの中には、取材というほどのことをしなくても(既存のニュースの過去ログを追いかけるだけで)検証できるものが多々あります。

そういったものを「ネットのウワサ検証」などと言って調査力や信用力のあるメディアに調べてもらってもらいたいものだと思います。そして否定するならする、確証の持てないものは確証なしとするなどしてもらいたいのです。

デマの蔓延を防ぐのもマスコミの職務のひとつと思いますから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 従軍慰安婦の次 | トップページ | 申し込みと導入量 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60406677

この記事へのトラックバック一覧です: 信頼できるマスコミにウワサを検証してもらいたい:

« 従軍慰安婦の次 | トップページ | 申し込みと導入量 »