« ウクライナ分割の既成事実化 | トップページ | 価値観の多様化・多文化共生と思いやりは両立しない »

2014年10月31日 (金)

これが沖縄差別であれば

これが沖縄差別であれば

中日新聞 社説:沖縄県知事選 基地の現実直視したい
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2014103102000098.html

普天間問題には移設の是非だけでなく、沖縄をめぐる問題が凝縮していると考えるべきだ。

日米安全保障体制が日本の平和と安全に不可欠なら、負担は国民が等しく負うべきではないのか、負担の押し付けは沖縄県民に対する差別ではないのか、などだ。

本土に住む私たちも、同じ日本国民として、沖縄県民の苦しみから目を背けてはならない。今回の知事選を、沖縄の現実をともに見つめ、考える機会としたい。

これが沖縄への差別であるならば、海岸近くに住んでいる人は高波などを災害にそなえる必要があるから(堤防はじゃまだし)差別されていることにならないか。自然災害だと言うなら、高速道路脇や新幹線沿線に住んでいる住民は差別されていることにならないか。

  *       *       *

沖縄から在日米軍が無くなることが何を意味するか。沖縄の人は考えているのだろうとは思う。彼等は、その未来に進みたいのだろうか。

  *       *       *

普天間移設に反対するのは結構だけれど、その結果、何が起きるだろうか。政治は結果責任、大人になれば、理想を追求するだけでなく現実の結果も考えなくちゃならない。

子供達に渡したいものと渡すことが出来るものを区別しなくちゃならない。

新知事が埋め立て許可の取り消しなど工事を妨害したら、米軍は普天間を継続使用するだけだ。理想には反対しないが、どんな現実をもたらすかを考えることなしに行動すべきではない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« ウクライナ分割の既成事実化 | トップページ | 価値観の多様化・多文化共生と思いやりは両立しない »

コメント

ブログ主様の意見に賛同します。

マスコミは国民の負担分担のお願いと見せかけつつ、実際は日本の国防を阻害する記事を平然と書きます。
中国に対する、沖縄の地理的条件は他の地方で分担出来ないにもかかわらず。
巨額のお金が沖縄に交付されるのも、そのためですよね。

同じような地理的条件の地域があれば、日本国民は負担を分担します、中日新聞さん!

沖縄の皆さん、マスゴミの言葉に惑わされずに、日本をどうか守ってくださいね。

投稿: カリフォルニアから日本を想う | 2014年10月31日 (金) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60571183

この記事へのトラックバック一覧です: これが沖縄差別であれば:

« ウクライナ分割の既成事実化 | トップページ | 価値観の多様化・多文化共生と思いやりは両立しない »