« 沖縄を戦場に | トップページ | 選挙で選ぶのは「決断する人間」 »

2014年10月29日 (水)

次回の総選挙は低投票率

次回の総選挙は低投票率

産経新聞:「早い解散はありがたい」民主・枝野幹事長が異例の要求
http://www.sankei.com/politics/news/141025/plt1410250020-n1.html

民主党の枝野幸男幹事長は25日のテレビ東京番組で、「(安倍晋三政権の)問題点が浮き彫りになってきたので、早く解散していただけるなら、こんなありがたいことはない」と述べ、早期の衆院解散・総選挙を促した。

自民党支持の人々は投票するだろう。強く支持する政党がある人々も投票するだろう。しかし、反自民の人々、なんとなく反自民だけど特定の政治思想を強くは持っていない人々は、投票したくても投票先が存在しない。支持政党なし無党派の人々は投票する意欲がわかない。結果として低投票率になるだろう。

  *        *        *

選挙に勝ちたければ、固い支持重要だけれど、なんとなくの支持大切だ。そして票の数としては、なんとなくの支持の方が圧倒的に多い。民主党は反自民でスキャンダル追求に熱心だけれど、それでは無党派を増やすことは出来るけれども、なんとなくの人々を惹きつけることはできない。

  *        *        *

次回の解散総選挙では自民党は微増、民主党は激減すると予想している。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 沖縄を戦場に | トップページ | 選挙で選ぶのは「決断する人間」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60561040

この記事へのトラックバック一覧です: 次回の総選挙は低投票率:

« 沖縄を戦場に | トップページ | 選挙で選ぶのは「決断する人間」 »