« 与野党伯仲では危ない | トップページ | 政治家が庶民でないわけ »

2014年12月 6日 (土)

投票する理由

投票する理由

朝日新聞:一羽の鳥について(あらゆる選挙に寄せて)
http://www.asahi.com/articles/ASGD46SYDGD4UEHF049.html

自分一人が投票したところで何も変わらない、と多くの人は思う。選挙を前にして自分が無力であると感じる。その感覚に傷ついて無関心になる人もいる。

だが、「自分一人が投票したところで何も変わらないと思う一人」が投票すると社会が変わる。

私が投票したからといって社会や政治が変わるとは思わないけれど、たぶん、多くの人が、自分が投票しても変わらないと思っているのだろうけれど、投票に行く。それは何故なのだろうか。

私の場合の理由を書く。

1つ目は、絶対に変わらないとは言えないから。万分の1・億分の1の確率でしかないけれども、自分の1票で結果が変わる可能性はある。

2つ目は、選挙に正当性を与えるため。民主国家では政治指導者は選挙で選ばれる。であるならば、選挙は正しく、選挙は大勢の人間で行われなければ、選挙結果に正当性は産まれない。自分が投票することは、少しではあるけれど確実に投票率を上げる。それは選挙の正当性を(ほんの少しではあるけれど)強くする。

3つ目は、日本国民であることを確認するお祭りだから。政治を「まつりごと」と言うことがある。選挙は「内戦」であり「お祭り」だ。お祭りは見物するよりも参加する方が面白い。そして、このお祭りに参加することが出来るのは日本国民だけだ。日本に住んでいても日本国籍がなければ(日本国民でなければ)、見物することは出来るけれども、参加することは出来ない。選挙に参加することは、日本国民であることを確認することでもある。

  *        *        *

投票しなかったからといって罰則はない。けれども参加した方が面白い。参加するなら真剣に参加した方が面白い。権利があるなら投票しよう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 与野党伯仲では危ない | トップページ | 政治家が庶民でないわけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60766752

この記事へのトラックバック一覧です: 投票する理由:

» 世界最強の日本代表チームを作るために [日本の狂った反日スポーツライターたち]
↓のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 橋下徹はコリア系アナーキスト大 [続きを読む]

受信: 2014年12月 6日 (土) 20時53分

« 与野党伯仲では危ない | トップページ | 政治家が庶民でないわけ »