« 歴史修正主義 | トップページ | 共産党へのイジメですか? »

2014年12月15日 (月)

喧嘩上手でなければ

喧嘩上手でなければ

読売新聞:第3極、議席伸ばせず…維新・次世代・生活
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/news/20141215-OYT1T50031.html?from=ytop_main2

次世代の党は、石原慎太郎最高顧問の知名度を頼りに、保守層を中心に支持を訴えた。自民党との政策の違いを明確に打ち出せるかどうかが焦点だったが、憲法改正や集団的自衛権行使の限定容認など、路線は安倍首相に近く、十分に差別化を図れなかった。石原氏が選挙期間中に引退を明言したことも、期待をしぼませる一因となった。

今回の選挙では、次世代の党は大敗しました。自民や民主が現状維持(微増・微減)であったことを考えれば、1人負けと言っても良いような結果です。

  *        *       *

私は、次世代の党の石原さんも平沼さんにも、「喧嘩が強い」という印象を持っていません。石原さんは一匹狼で組織を作れない。平沼さんは小泉さんとの権力闘争に負けて自民党を飛び出した。

政治家は喧嘩に強くなければなりません。その意味で次世代の党の敗北は意外ではないのかもしれません。

  *        *       *

政策には同意するところも多かったので、残念でもあります。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 歴史修正主義 | トップページ | 共産党へのイジメですか? »

コメント

菅直人が比例代表で復活したので、
頭にきました。

投稿: にゃ | 2014年12月15日 (月) 14時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60812353

この記事へのトラックバック一覧です: 喧嘩上手でなければ:

« 歴史修正主義 | トップページ | 共産党へのイジメですか? »