« 派兵しなかったら | トップページ | 償うべきは誰か »

2014年12月28日 (日)

性悪説ではないが

性悪説ではないが

毎日新聞 社説:リベンジポルノ 根絶へ厳しい対応を
http://mainichi.jp/opinion/news/20141228k0000m070102000c.html

恋愛や夫婦関係にあった当時に撮った裸などの写真や動画を、別れた後に腹いせでインターネットに流出させる「リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ」の被害が深刻化している。



リベンジポルノが広く知られるようになったのは、東京都内で昨年起きたストーカー殺人事件がきっかけだ。被告は被害者の画像をネットに流していた。

警察などによる公式的な統計はないが、事件後に同様の被害に遭った若者を中心に民間団体などへの相談件数が急増しているという。警察は今後、被害者の立場で一層積極的に取り締まりに当たるべきだ。



被害を根っこから絶つためには啓発や教育も重要だろう。他人に見られて困るような写真や画像を撮らせないよう家庭や学校でしっかり教えたい。ネット空間で知り合った人ならばなおさらだ。いったん海外に流れれば消去は国内以上に困難だ。ネットの利便性の裏側にひそむ危険性について認識を深めさせたい。

社説の主旨とは関係ないが連想したことを書く。

世の中にはリベンジポルノのような下らないこと、自分に関係した人間、自分自身の思い出を傷付けるようなことをする人間がいる。これは嫌なことだが現実だ。

  *        *        *

左翼・右翼・リベラル・保守に限らないけれど、様々な主張をする人々は、こういった人間がいるという現実を見ていなければならない。見ていなければ、その主張が現実になった時、不幸がおとずれるから。

  *        *        *

性悪説ではないが、リベンジポルノをするような人間がいる社会に届く言葉、出来ればそういった人間にも届くような言葉が必要とされているのだと思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 派兵しなかったら | トップページ | 償うべきは誰か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60876884

この記事へのトラックバック一覧です: 性悪説ではないが:

« 派兵しなかったら | トップページ | 償うべきは誰か »