« 政治家が庶民でないわけ | トップページ | 韓国の月探査の実態 »

2014年12月 7日 (日)

自民党は庶民の政党?

自民党は庶民の政党?

YAHOO:ビッグデータが導き出した第47回衆院選の議席数予測
http://docs.yahoo.co.jp/info/bigdata/election/2014/02/

最終的に、投票率が50%台前半だと自民党は300議席、公明党が48議席、投票率が約60%だと自民党は311議席、公明党47議席となり、与党合計は少なくとも348議席と解散前より与党の割合はさらに大きくなるとの結果になりました。

投票率が上がると議席が増えるということは、弱い支持が多いということです。特別な事情、例えば業界団体・労働組合に入っていて組織の指示で投票する人は、全体の投票率が低かろうが高かろうが投票しますから、投票率が上がって増えるぶんは、そういった事情ではなく投票する人達ですの票です。

そういった特別の事情のない人の票が増えたら選挙で有利になるということは、悪く言うと深く考えない人達、良く言うとしがらみのない一般庶民の人達に支持された政党であるということです。

  *        *       *

自民党は庶民に支持されている政党と言って良いのではと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 政治家が庶民でないわけ | トップページ | 韓国の月探査の実態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60772072

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党は庶民の政党?:

« 政治家が庶民でないわけ | トップページ | 韓国の月探査の実態 »