« お腹がすいてても | トップページ | 多文化主義は何と戦う »

2014年12月17日 (水)

勝てるの?

勝てるの?

産経新聞:引退会見詳報(5)完 「尖閣の中国公船、私なら追っ払う」「言いたいこと言い、憎まれて死にたい」
http://www.sankei.com/politics/news/141216/plt1412160052-n1.html

--週刊誌で「シナと戦争して勝つこと」と発言。文学者としての発言なのか、政治家としての発言か。日本政府が尖閣諸島を国有化した後に海域の緊張が続いている

「私が首相なら追っ払う。ある週刊誌のインタビューで『一番したいこと』を聞かれたので『シナと戦争して勝つこと』と。私は日本人として言った」

--衝突が起きてもいいのか

「衝突を仕掛けているのは中国だ。けんか仕掛けているのは向こうだ。日本の領海に入っているのはシナ人の方だ。頭を冷やした方がいいよ、シナの人は」

石原さんの言うことは、元気で気持ちよいのだけれど、心配もある。それは「勝てるのか?」「犠牲はどれほどでるのか?」ということです。政治は現実を扱うものです。実際にやったらどうなる?成功するのか。失敗したらどうなるか。それが心配なのです。そして、その心配に石原さんは応えられていないのです。

  *        *       *

実際にやったらどうなる?

その心配に答えられないこと、それが石原さんの政治家としての限界と石原さんの政党の限界を定めています。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« お腹がすいてても | トップページ | 多文化主義は何と戦う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60822500

この記事へのトラックバック一覧です: 勝てるの?:

« お腹がすいてても | トップページ | 多文化主義は何と戦う »