« 排斥デモ・反排斥デモ | トップページ | 民主主義に必要なもの »

2015年1月 8日 (木)

憲法九条なんて無視、だって裁判所もプロ市民も認めてるもん

憲法九条なんて無視、だって裁判所もプロ市民も認めてるもん

中日新聞 社説:「戦争しない国」を貫こう 年のはじめに考える
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2015010802000103.html

イラク戦争でクウェートに派遣された航空自衛隊は〇六年七月、陸上自衛隊のイラク撤収を受けて、空輸対象を米兵に変えました。もちろん政治の判断です。政府は米兵空輸を伏せ、国連物資や人員を空輸すると発表しました。

航空自衛隊の輸送機が首都バグダッドの上空まで来ると、ミサイルに狙われたことを示す警報音が機内に鳴り響き、アクロバットのような飛行を余儀なくされたのです。名古屋高裁は〇八年四月、「航空自衛隊の空輸活動は米軍の武力行使と一体化していて憲法に違反する」との判決を出しました。政府は無視しましたが、政治家の命令に従って活動し、裁判所から憲法違反とされたのではたまったものではありません。

この裁判では、傍論で憲法違反だとは言いましたが、判決当時に実行していた作戦を中止するようには言いませんでした。つまり、形だけ憲法違反としただけで実質はやってしまえと言ったのです。

ホンネとタテマエですかね?

で、その判決を原告の市民団体も歓迎し上告しなかった。

裁判所も市民団体も、憲法違反だという言葉があれば良く、差し止めも処罰も求めていないということです。

ま、ぶっちゃけ、憲法九条なんて無視、だって裁判所もプロ市民も認めてるもんってことですかね。

  *        *       *

しかし、こういうことは憲法の権威や遵守しようという気持ちを傷つけます。今後も憲法九条を巡って同じようなことが繰り返されるでしょう。そのたびに憲法が軽くなって行きます。

憲法九条だけであればまだしもですが、他の条文にも同じような現象が起きてしまわないと良いのですが。

  *        *       *

しかし、中日新聞の社説には、違反だと言いながら差し止めなかったことが書いてありません。事実の半分しか書いてない(だから私がネタにできるわけですが)。紙面は有限ですから全ての事を書ける訳ではありませんが、重要な事実が書いてないように思います。ちょっと不誠実な感じがします。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 排斥デモ・反排斥デモ | トップページ | 民主主義に必要なもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60940299

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法九条なんて無視、だって裁判所もプロ市民も認めてるもん:

« 排斥デモ・反排斥デモ | トップページ | 民主主義に必要なもの »