« 憲法九条なんて無視、だって裁判所もプロ市民も認めてるもん | トップページ | 根本的に無理なんじゃないか »

2015年1月 8日 (木)

民主主義に必要なもの

民主主義に必要なもの

BLOGOS:代表選挙公約発表 「新しい民主党を創る」
http://blogos.com/article/102932/

2.政党運営(ガバナンス)

民主党政権は消費増税という難しい課題に直面してバラバラになった。同じ失敗を繰り返すようでは政権に復帰する資格はない。地方の地力を高め、多様な意見をまとめあげる、民主的でねばり強い党を目指す。



(2)党運営の民主化

議論は百花繚乱、決定には一致団結して行動する。

・議会および党内の活動を客観的に評価するシステムの導入。

・党幹部と各級議員の非公式なコミュニケーションの場を積極的に設定。

民主主義に必要なものはなんだろうか。言論の自由、あるいは多様な価値観どと答える方も多いだろう。しかし、私は「言論の不自由さ」や「価値観の一致」も必要だと言いたい。

  *        *       *

民主主義とは「みんなで決めた事は(自分は反対であっても)守る」ということで、その為には「みんな」の価値観と自分の価値観が、根本的なところでは一致していることが必要だ。

  *        *        *

日本は民主国家であり言論の自由や信教の自由(≒多様な価値観を認めること)がある。しかし、日本の政治で全く議論されないことがひとつある。それは「日本国は存在するべきか、発展すべきか」ということだ。日本国が存在すべきでない発展すべきでないなどという政党や政治家は存在しない。こういった議論は全くされていない。

日本以外の民主国家でも同じで、その国の存在や発展を否定する政党は存在しない。天皇制の存続を議論するような政党でも日本国の存続は議論しない。

  *        *        *

民主党が民主的な運営を行うことが出来る。つまり「議論は百花繚乱、決定には一致団結して行動する」ことが出来るためには、民主党であることの価値観や主義主張が必要で、他がどんなに違っても、この一点では一致するし、それが何よりも重要と思えるようなものが必要だ。

  *        *        *

日本のような国家であれば、歴史の長さや自然発生的なものがあるので、自然に「日本人・日本国民」と言う一致点があるけれども、政党のような存在は明確に価値観を示さなければならない。利権という現世利益を分配できない野党であればなおさらだ。

  *        *        *

民主党は「これが出来れば、あとは枝葉末節だよね」という理念を提示できるだろうか。

反自民という理念はあるだろう。しかし、それでは打倒自民に成功した瞬間に、つまり政権を獲得した瞬間に分裂を始めるということだ(前回実証されたことだ)。

  *        *        *

民主党は反自民以外の理念でまとまることが出来るだろうか。私には無理であるように思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 憲法九条なんて無視、だって裁判所もプロ市民も認めてるもん | トップページ | 根本的に無理なんじゃないか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/60943884

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義に必要なもの:

« 憲法九条なんて無視、だって裁判所もプロ市民も認めてるもん | トップページ | 根本的に無理なんじゃないか »