« 実行犯はどうなった? | トップページ | ジレンマ? »

2015年1月27日 (火)

歴史認識を政治の場で議論するべきではない

歴史認識を政治の場で議論するべきではない

朝日新聞 社説:国会と「70年」―大いに論じよ歴史認識 2015年1月27日(火)付
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

第3次安倍内閣が発足してから初の本格論戦の舞台となる通常国会が、きのう開会した。

成長戦略や安全保障関連など、重要法案が目白押しの国会なのに、安倍首相の演説は来月まで先送りされた。肩すかし感は否めない。

ところが開会前日に、首相から聞き流すことができない発言が出てきた。戦後70年の「安倍談話」についてである。



「未来志向」の談話にしたいという思いはわかるにせよ、首相の発言を聞くにつけ、内外からの批判をかわしつつ、村山談話を骨抜きにするための狭き道筋をひたすら探っているように思えてならない。

談話そのものは国会で審議するものではない。だが、背景にある首相の歴史認識について、国会は大いに論じるべきだ。

社説のタイトルを読んだとき、最初に思ったのは、政治の場で宗教をあつかうとロクなことがないように、政治の場で歴史認識をあつかうとロクなことがないんじゃないか、と言うことだ。

歴史認識を議論すること、つまり、◯◯年の××国の行為は正しいとか間違っているとか言うことを議論することだ。そんな議論をしたら××国の人々は面白くないだろう。これは感情の問題であって損得の問題ではない。世俗の政治にはなじまない。

  *         *        *

歴史認識、つまり認識、どう思うかということ。こころの問題なのだ。政治の場で扱うべきではない問題だ。

  *         *        *

しかし、歴史認識の問題というと中国や韓国が日本に対して行う、サヨクが保守派の政治家に対してクレームをつけるというパターンが多い。中国や韓国はともかく、サヨクが他人に認識を強要するのはおかしい。認識イコール心の問題なのだから、歴史認識を強要するということは心を強要しているということなのだから。

  *         *        *

歴史認識の問題を考えると、私には、サヨクは「内心の自由」を認めていないように見えしまう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 実行犯はどうなった? | トップページ | ジレンマ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61042084

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史認識を政治の場で議論するべきではない:

« 実行犯はどうなった? | トップページ | ジレンマ? »