« まともな議論が出来るだろうか? | トップページ | 民主主義社会での暴動、言論の自由とデマ »

2015年2月 3日 (火)

反原発は美味しんぼをどう評価すだろうか?

反原発は美味しんぼをどう評価すだろうか?

産経新聞:「美味しんぼ『鼻血問題』に答える」雁屋哲氏が反論本出版 「福島の環境なら、鼻血が出る人はいる」
http://www.sankei.com/entertainments/news/150202/ent1502020004-n1.html

著書は「美味しんぼ『鼻血問題』に答える」(遊幻舎)。この本で雁屋さんは、環境省が昨年5月にこの問題を受けて発表した「原発事故の放射線被ばくが原因で、住民に鼻血が多発しているとは考えられない」とする見解などに対し、「福島の環境であれば、鼻血を出す人はいる」と反論。「福島の人たちよ、福島から逃げる勇気を持ってください」と呼びかけている。

福島原発事故から3年10ヶ月が過ぎようよしています。しかし、放射線被曝によ健康被害は出ていません。雁屋さんは、出ていると言うでしょうが、逃げなければならないほど被害が出ているのであれば、政府や原子力ムラがどんだけがんばっても漏れでてくるものがあるはずです。しかし、そんな例はありません。

日本には言論の自由があります。少なくとも雁屋さんが、こんな本を出すことが出来る程度には自由があります。で、あれば、本当に被害が出ているのであれば、雁屋さんと同じ程度に勇気があれば、そして、本当に被害が出ているのであれば、本人が名乗り出ることも出来るはずです。

しかし、そんな例はありません。

つまり、どう考えても、福島で漏洩した放射能(放射性物質)による被害は出ていないのです。

  *        *        *

反原発派は、この本をどう扱うでしょうか、どう評価するでしょうか。

事実に基づかないことを根拠しに、つまり嘘や妄想に基づいて行動を起こせばいつかは破綻するのですけれど。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« まともな議論が出来るだろうか? | トップページ | 民主主義社会での暴動、言論の自由とデマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61076615

この記事へのトラックバック一覧です: 反原発は美味しんぼをどう評価すだろうか?:

« まともな議論が出来るだろうか? | トップページ | 民主主義社会での暴動、言論の自由とデマ »