« いま情報公開したらどうなるか | トップページ | 福島の教訓とは »

2015年2月12日 (木)

歴史に学べば

歴史に学べば

熊本日日新聞社:建国記念の日、「改憲」「護憲」問い掛け 県内
http://kumanichi.com/news/local/main/20150211006.xhtml

あいさつした来賓からは、道徳や日本史教育の重要性を訴える意見も出た。参加者約240人は「君が代」「紀元節の歌」を斉唱。奉祝式典は八代市などでもあった。

一方、護憲団体などでつくる実行委員会は同区の市民会館崇城大ホールで県民集会を開き、300人以上が参加。安倍政権が目指す憲法改正の根底には「戦前日本の侵略戦争と植民地支配を肯定、美化する歴史認識がある」と批判し、戦争犯罪への反省と憲法9条の堅守を誓う声明を採択した。

日中戦争での日本軍による南京事件を描いた映画を上映。実行委の三澤純事務局長は「日本の戦争犯罪に厳しい視線が向けられている。過去としっかり向き合わなければならない」と述べた。

建国記念の日でしたので、右も左も様々な行事をおこないました。もちろん、左側からの安倍さんへの批判もありました。十年一日のごとく同じ内容です。と言うか報道される批判内容は変わっていないようにみえる。

そして、安倍さんの政治姿勢や歴史認識は変わっていない。細かいところは変わっているかもしれないが、基本的なところは変わっていない。

  *        *        *

ここで忘れてはならないのは、2012年の総選挙の以前から安倍さんの方向性・歴史認識は変わっていないこと、当時もいまも同じような批判がされてきたこと、そして、その状況下で安倍さんは選挙に勝利し現在も高い支持率も維持していることです。

安倍さんを批判する方々は、しょっちゅう歴史を持ちだします。でも、彼等は、ここ数年~十数年の歴史を認識しているのでしょうか。

安倍さんの政治姿勢(方向性)は変わっていない。そして、その政治姿勢で選挙に勝利した。

批判する側も変わっていない。同じように批判して同じように敗北している。

その歴史を彼等はどう認識しているのでしょうか。

  *        *        *

批判側は、敗北しても戦い方(批判内容)を変えていません。旧日本軍の悪いパターンを見ているような鬱な気分になります。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« いま情報公開したらどうなるか | トップページ | 福島の教訓とは »

コメント

連中は歴史を引き合いに出す割には、江戸時代やそれ以前の歴史を口にする事がない。どっちが歴史を学んでいないと言えるだろうか。

投稿: DUCE | 2015年2月12日 (木) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61123127

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史に学べば:

« いま情報公開したらどうなるか | トップページ | 福島の教訓とは »