« 90年は短すぎるし日本だけのことじゃない | トップページ | なぜ? »

2015年2月27日 (金)

20年をどう思う

20年をどう思う

しんぶん赤旗;被災者追い出しやめよ 兵庫・復興公営住宅 堀内議員が初質問
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-02-27/2015022701_02_1.html

日本共産党の堀内照文議員は26日の衆院予算委員会で初質問に立ち、阪神・淡路大震災から20年を経た今も被災者が厳しい状況に置かれている実態を明らかにし、被災者向けの借り上げ公営住宅からの追い出し中止、災害援護資金の返済免除で政府が責任を果たすことを求めました。

「私も神戸在住で被災者の一人」と述べた堀内氏。震災で住まいを失った被災者に、兵庫県や県内各市が民間やURから借り上げ提供してきた復興公営住宅が、「借り上げ期間は20年間」との理由で打ち切られる事態が起きていることを告発しました。

災害を受けた人を援助することに反対する人はいないだろう。しかし20年はどうなのだろうか。

   *        *        *

20年たっても援助が必要な本人を責めるべきか。

それとも20年たっても援助が必要な人がいると社会(一度さがったら上がるのが大変な社会であると)責めるべきなのだろうか。

   *        *        *

しかし、どちらにしても、20年も援助を受けたならば、行政からの援助としては十分なのではないだろうか。

   *        *        *

20年と言えば、生まれた子供が大人になる時間だ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 90年は短すぎるし日本だけのことじゃない | トップページ | なぜ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61204565

この記事へのトラックバック一覧です: 20年をどう思う:

« 90年は短すぎるし日本だけのことじゃない | トップページ | なぜ? »