« 絶対を求めるのはやめよう | トップページ | 歴史は都合の良いところから »

2015年2月19日 (木)

民主党は衰退への道を歩んでいる

民主党は衰退への道を歩んでいる

産経新聞:民主、次の照準はNHK会長 「慰安婦取り上げ慎重に」発言で糾弾、辞任要求 維新は擁護
http://www.sankei.com/politics/news/150218/plt1502180050-n2.html

会議は本来NHK中期経営計画の説明を聞くのが目的だったが、籾井氏をつるし上げる場となり、籾井氏も「怒鳴ってプレッシャーをかけないで。政治的プレッシャーだ」と防戦に追われた。NHK出身の安住淳国対委員長代理は会議後の記者会見で「政治の顔色をうかがい、忖(そん)度(たく)しながら発言している人はNHK会長として失格だ」と籾井氏の辞任を求めた。

民主党は今回、通常は非公開が多い部門会議をあえて全面公開し、マスコミにもアピールした。19日以降の衆参予算委員会などでも籾井氏を攻める方針で、ある幹部は献金問題がある西川公也農林水産相とともに「いい獲物をみつけた」と笑みを浮かべた。

一方、維新の党の馬場伸幸国対委員長は記者会見で「籾井氏が不適任だとは感じていない」と述べ、辞任を求めない意向を示した。理事全員に日付のない辞表を求めた件についても「経営者が大改革するときに大なたを振るうことは、一般企業でも政界でもある」と擁護した。

「従軍慰安婦」がどうだったのか、正しい歴史がどうだったのか、籾井氏をNHK会長に選んだことが正しい選択だったのか、私には判らない。しかし、国民にとって歴史認識は優先度の高い問題ではないことや、「従軍慰安婦」についての問題で謝罪することを国民が望んでいないことは判る。

つまり、NHKの籾井会長を、この問題で攻撃することは、一部の「進歩的文化人」やマスコミには受けるだろうけれど、国民の大多数からは、何をやっているのだろう?と思われるだけ。

「ある幹部は献金問題がある西川公也農林水産相とともに『いい獲物をみつけた』と笑みを浮かべた」

民主党は攻撃材料を見つけて喜んでいるようだけれど、ピント外れではないか。

  *        *        *

この問題で「サヨク的な」態度をとることは、一定の支持はえられるが国民の大多数からは無視される結果をまねく。つまり、ゆっくりとした衰退へと向かう道だ。いま、民主党はその道を歩んでいるように見える。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 絶対を求めるのはやめよう | トップページ | 歴史は都合の良いところから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61160836

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党は衰退への道を歩んでいる:

« 絶対を求めるのはやめよう | トップページ | 歴史は都合の良いところから »