« 中国の脅威はあと30年程度で | トップページ | 他人の都合を考えない人は失敗する »

2015年3月25日 (水)

言葉あそびをしているのは誰?

言葉あそびをしているのは誰?

毎日新聞:海自:最大護衛艦「いずも」引き渡し…ヘリ搭載
http://mainichi.jp/select/news/20150325k0000e040249000c.html

海自は空母でなく護衛艦と称していることについて、「潜水艦を探知する能力など、空母にない能力を備えているから」としているが、戦闘機を積む米国や中国の空母と区別することで、「攻撃目的の保有」との指摘を回避する狙いもあるとの見方もある。

指摘(そして批判)をするのだ誰でしょうか?

護憲派の野党やマスコミでしょう。その批判を躱すために「ヘリ空母」じゃなくて「護衛艦」と言っているのでしょう。

  *        *        *

「ヘリ空母」と言おうが「護衛艦」と言いおうが、能力には変わりがありません。でも、護憲派の野党やマスコミは名称にこだわります。憲法上の制約から言えば、名称ではなく能力こそが問題であるにもかかわらず。

  *        *        *

安倍さんが「わが軍」と発言したそうです。それを民主党などの野党が騒いでいます。「自衛隊」と呼ぼうが「わが軍」と言おうが自衛隊の能力は変わりません。

  *        *        *

北海道新聞:首相「わが軍」答弁に批判相次ぐ 野党「説明つかない」
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0115722.html

記者会見で、枝野氏は「わが国の自衛隊であり、安倍さんの自衛隊ではない」と指摘した。民主党の榛葉賀津也参院国対委員長は「軍隊ではなく自衛隊、軍人ではなく自衛官だ。これが憲法の制約だ」と反発した。

ところで、自衛隊が軍ではないなら、自衛官は文民なのでしょうか?文民なら政治家にもなれるし総理大臣にもなれます。

民主党は現職の自衛官が首相になることを容認するのでしょうか?

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 中国の脅威はあと30年程度で | トップページ | 他人の都合を考えない人は失敗する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61337848

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉あそびをしているのは誰?:

« 中国の脅威はあと30年程度で | トップページ | 他人の都合を考えない人は失敗する »