« 民主党という組織の土壌 | トップページ | 一時的で終われば良いけど »

2015年3月 7日 (土)

移民と性犯罪が組み合わさったとき

移民と性犯罪が組み合わさったとき

ウォール・ストリート・ジャーナル:レイプ容疑者をリンチ殺人―インドで群衆が暴徒化
http://jp.wsj.com/articles/SB11167655035836774773204580501522494183534

警察によると、数千人の群衆が警備を突破して刑務所内に侵入。群衆はレイプ犯容疑者に石を投げつけたり殴打したりして死亡させた。殺された容疑者はバングラデシュからの違法入国でも起訴されており、2月24日に地元の女性をレイプした疑いで逮捕されていた。

ディマプールはナガランド州最大の都市で、ニューデリーの東1660キロメートルに位置する。

ここ数年、インドでは全土で性的暴行に対する国民の怒りが爆発している。ただ、5日の撲殺事件はバングラデシュからナガランド州に流入する移民に対する反感も影響していた可能性がある。

複数の地元住民のグループは、移民が土地と雇用を奪っていると非難し、数週間にわたって抗議を続けていた。

最初にこのニュースに接したとき、移民の問題が背後にあることを知らなかったし、刑務所が襲撃されたとも知らなかったので、現行犯でつかまえて、興奮のあまり私刑にしてしまったのだと思ってしまった。で、見るともなしにBSニュースを眺めていたら、移民の問題があると言う。で、ぐぐってみたら出てきたのが引用した記事。

   *        *        *

若い男性にとって、「自分達の女性」が、他所者からちょっかいを出されることは、プライドにかかわるというか、本能的な部分で我慢できないことだ。もちろん理性で抑えることではあるけれど、感情を刺激されることであるのは、男性であれば同意していただけるだろう。

この事件の場合は、ちょっかいレベルではなくてレイプだから、さらに過激になりやすい。

移民と性犯罪の組み合わせは最悪の結果をもたらす。

   *        *        *

ここで「従軍慰安婦」を連想してしまうと(その時、韓国の男性は何をしていたんだ)、「従軍慰安婦」が韓国の主張するようなものでは無かったと思えてしまう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民主党という組織の土壌 | トップページ | 一時的で終われば良いけど »

コメント

日本でもありましたね、不法移民と性犯罪者が関わった
事件が、27・8年前におきた「女子高校生コンクリート
詰め殺人事件」

投稿: にゃ | 2015年3月 7日 (土) 22時14分

インドのナガランドというところで、留置場が襲われて、強姦犯が引きずり出され、リンチで殺されたというんだが、実はナガランドというのはちょっとイワク付きの土地で、インド文化圏では僻地の最たるモノです。
そもそも「インドじゃない」という話もある。


日本軍がインパール作戦に入るまではナガランドはイギリスの支配を受けておらず、インドがイギリスから独立する前日の1947年8月14日に独立宣言を行う。1947年8月15日より、イギリスから独立したインドの一部になっているが、インドからの独立運動が続いており、現在でも一部の勢力はインド政府に抵抗している。

イギリスでさえ、支配する気がなかったというとんでもない土地
 ナガ族と呼ばれる連中が住んでいるらしいが、アッサムの紅茶農園を襲うので、対応に苦慮したとも言われる

投稿: mass | 2015年3月 8日 (日) 13時17分

恋愛工学をdisるのは、恋愛工学のメンタリティが性暴力の加害者のメンタリティとかなり似ているからです

投稿: deaf | 2015年3月 8日 (日) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61241652

この記事へのトラックバック一覧です: 移民と性犯罪が組み合わさったとき:

« 民主党という組織の土壌 | トップページ | 一時的で終われば良いけど »