« 投票せよ・政治参加せよ | トップページ | 外圧として利用しないで、とドイツは言った »

2015年3月13日 (金)

日本のマスコミから聞かない言葉

日本のマスコミから聞かない言葉

ロイター:アングル:米国で中国留学への関心低下、しぼむ「高給取り」の夢
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0M90HI20150313

また、ワシントンにある留学団体CETは、2013年以降、中国への関心が低下し続けていると明らかにした。

こうした関心低下を一部の中国専門家は憂慮している。ウィルソン・センター・キッシンジャー米中関係研究所のロバート・ダリー所長は、両国関係の重要性を考えれば、中国語を話し、中国の文化を理解する人材がさまざまな業界に存在することは「国益に関わる問題」だと指摘。「中国の言葉で理解しない限り、われわれは中国に論理的かつ効果的に、そして完全に対処することはできない」と語った。

日本は戦時中、英語を「敵性語」として排除した。その気分というか同様の思考パターンはいまでもあるように感じている。そういった気分、また、中国を知ること、中国語を学ぶことを「日中友好」ではなく日本の国益といった方向から語ることの少ない(ほとんど見ない)日本のマスコミを見ていると、この記事には、いささかショックというか悔しい・怖いという感覚をもってしまう。

アメリカに戦争で負ける訳だ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 投票せよ・政治参加せよ | トップページ | 外圧として利用しないで、とドイツは言った »

コメント

日本旅行するUAE家族は東京のアチコチのレストランでのムスリムフレンドリーな体験にとても感激していて、日本へま毎年行きたいと思っている。甘味屋さんに入ると、店主は英語できないのに、紙に何か日本語で書いてくれて、今後の行き先で必ず先に見せる様にと指示してくれたそうだ。

何を書いてくれたかと言うと、ゼラチンではなく寒天を使ったものとアルコールの入っていないスウィーツだけを教えてください... 的な事だったのだと。別のレストランではシェフがわざわざ出てきてウチではパスタは鶏がらスープで茹でています、避けた方がいいですよ、と教えてくれたそうだ。

このUAE家族は、ほぼベジタリアンで鶏も肉類も食べない。乳製品とシーフード、野菜果物だけを食べていたいのだそうだ。英語が分からなくても親切に一所懸命助けてくれようとするムスリムフレンドリーさは欧米では考えられないし、何よりも先ず清潔度がスゴイのと丁寧で礼儀正しいので感激だと。

これからアジア、日本旅行したいUAEの友達には必ず勧めるのだそうだが、先ずはタイやマレーシア、中国、韓国など行きたいアジア諸国に行くこと。十分アジア諸国を回ったら最後に日本を訪れると、日本との他の諸国との違いがよく分かり、日本の価値を理解できる、と説明しているのだそーだ。


世界のイスラム教徒は16億人。16億人の半数8億人が女性。ロシア、ブラジル、アメリカの合計人口よりも多いイスラム教徒の女性。今後、大きなマーケットになる。

投稿: memo | 2015年3月14日 (土) 11時16分

>日本は戦時中、英語を「敵性語」として排除した。

それは俗説。朝日新聞が英語排除運動を煽り、一部の民間が英語排除を行い、一部でが排斥が行われましたが、法律として英語教育そのものが廃止されたわけではありません。英語教育の取りやめに真っ向から反対したのは東条英機です。「戦争のためにだから必要」というのが理由。
日常に英単語が使われていました。

投稿: | 2015年3月14日 (土) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61276324

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のマスコミから聞かない言葉:

« 投票せよ・政治参加せよ | トップページ | 外圧として利用しないで、とドイツは言った »