« 「言わぬが花」という言葉もありまして | トップページ | 大人の対応 »

2015年3月 6日 (金)

謝らないのは韓国の文化?

謝らないのは韓国の文化?

中央日報:<駐韓米大使襲撃>容疑者の弟「兄は社会で認められず過激に」
http://japanese.joins.com/article/366/197366.html?servcode=400&sectcode=430

5日にマーク・リッパート駐韓米大使を襲ったキム・ギジョン容疑者(55)の弟キム・ギチャンさんは兄について「とんでもない行動をして家族を苦しめる」とし「社会で認められないから過激な行動をする」と述べた。



当時、重家大使は避け、大使館の女性通訳が手をけがした。これに関し弟のキムさんは「(兄の行動が)社会で認められて受け入れられればどれほどよいだろうか」とし「本人は何かを見せようとするが、人に認められないため、さらに過激なことをしたのではないかと思う」と遺憾も表した。しかし犯行の過程について「兄は身体が活発な年齢でもないが(米大使の)警護員は何をしていたのだろうか」と疑問を提起したりもした。

日本で事件事故が起きたとき、なんで謝るのか、なんでこの人が謝るのかと思うことがある。日本の文化では謝ることがディフォルトというか。それが良いかどうかは判らないけれど。

引用元の記事は、中央日報による容疑者の弟の言葉だけれど、(日本ではあるだろう)謝罪の言葉が無い。これは韓国の文化なのだろうか。

   *        *        *

謝るのと謝らないのと、どちらが良いかは判らないし、1回のことで(1つの記事で)文化を語るのも無理があると判っていますが、ちょっとしたカルチャーショックを受けてしまいました。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「言わぬが花」という言葉もありまして | トップページ | 大人の対応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61236942

この記事へのトラックバック一覧です: 謝らないのは韓国の文化?:

« 「言わぬが花」という言葉もありまして | トップページ | 大人の対応 »