« 罪はどこにある? | トップページ | 国の責任と言うなら »

2015年3月10日 (火)

ドイツの隣はフランス・イギリス、日本の隣は韓国・中国

ドイツの隣はフランス・イギリス、日本の隣は韓国・中国

NHK:独メルケル首相 歴史に向き合う重要性強調
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150309/k10010009051000.html

続く質疑応答で、「ヨーロッパの経験から、周辺国との関係を改善するためには何が必要か」と質問されました。これに対し、メルケル首相は「ナチスやホロコーストの悲惨な体験にもかかわらず国際社会に再び受け入れられたことは、ドイツにとって大きな幸運だった。和解は、隣国の助けがなければ実現できなかった。その一方で、ドイツが歴史に向き合う姿勢を示したからこそ、成し遂げられた」と述べ、歴史に真摯に向き合う重要性を訴えました。

ドイツの隣はフランス・イギリス、日本の隣は韓国・中国です。もちろん、他の国もありますが、戦争で戦った隣国・戦後の和解というと、これらの国々でしょう。

「和解は、隣国の助けがなければ実現できなかった」

中国や韓国とフランスやイギリスを同じような国だと言う人はいないでしょう。中国や韓国がフランスやイギリスのようであったなら、歴史認識を巡る問題も和解もずいぶん違ったものになっていたことでしょう。

   *        *        *

このメルケル首相の発言に「日本は反省しろ」というメッセージを受けとるのは結構ですが、同時に、中国や韓国に対してもメッセージが込められているのではないかと思うのです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 罪はどこにある? | トップページ | 国の責任と言うなら »

コメント

日本に対するアメリカだって終戦直後は徹底的に押さえつけるだけだったのが、朝鮮戦争が始まってから、利用する魂胆があった物だから、押さえつける手を緩めた訳でしょう。
英仏にしても、同様な事が言えるのではないでしょうか。それに彼らの場合は、ホロコーストの直接の被害者でなかったばかりか、フランスに至っては、ヴィシーフランスによって、そちらの片棒を担ぎましたからね。余り厳しく言うよりは、ドイツの自主的な反省に便乗して、和解する事で、そうした事をドイツのもっぱらの事としてばっくれる算段があったのではないでしょうか。

投稿: DUCE | 2015年3月10日 (火) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61258142

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの隣はフランス・イギリス、日本の隣は韓国・中国:

« 罪はどこにある? | トップページ | 国の責任と言うなら »