« 大人の対応 | トップページ | 名前の長い方がエライ »

2015年3月 6日 (金)

核兵器全廃に反対するのは、どこの国

核兵器全廃に反対するのは、どこの国

47NEWS:米大統領「核なき世界」なお追求 NPT45年声明
http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015030501001839.html

核拡散防止条約(NPT)発効から45年を迎えた5日、オバマ米大統領が声明を出し「米国は核兵器のない世界がもたらす平和と安全を追求する」とあらためて訴え、4月にニューヨークで開かれるNPT再検討会議の成功に向けて取り組む決意を表明した。

核兵器全廃に反対するのは、どこの国だろうか。言葉を変えると核兵器を全廃すると軍事的に不利になるのは、どこの国だろうか。

それはロシアと中国だろう。

何故なら、通常兵器(核兵器以外の兵器)でアメリカが圧倒的に有利だからだ。ロシアも中国も核兵器があれば、アメリカと「共倒れ」に持ち込むことが出来るだろう。しかし、核兵器なしでは一方的に叩かれて終わるだろう。

核兵器が無い世界では、アメリカは好き放題にできる(世論はともかく軍事的には)。

つまり、アメリカには核兵器全廃を望む理由があり、中国とロシアには核兵器を維持する動機がある。核兵器全廃には中国とロシアは抵抗するだろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 大人の対応 | トップページ | 名前の長い方がエライ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61240349

この記事へのトラックバック一覧です: 核兵器全廃に反対するのは、どこの国:

« 大人の対応 | トップページ | 名前の長い方がエライ »