« 不況の足音 | トップページ | 日本共産党は視野が狭い? »

2015年4月21日 (火)

社民党が示す政治の劣化

社民党が示す政治の劣化

朝日新聞 社説:言論の府で―異論への異常な圧力(2015年4月21日(火))
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

福島氏は質問の中で「安倍内閣が、14本から18本以上の戦争法案を出すと言われている。集団的自衛権の行使や後方支援という名のもとに、戦場の隣で武器弾薬を提供することを認めようとしている」と述べた。

安倍首相はその場で「レッテルを貼って議論を矮小(わいしょう)化していくことは断じて甘受できない」と反論した。

その後、自民党の堀井巌・予算委理事が福島氏に会い、「戦争法案」との表現を修正するように要求。福島氏は拒否し、「国会議員の質問権をこういう形で抑え込もうというのは極めておかしい。表現の自由に関わる」と反発している。

国会議員の国会内での発言は、国会の外で責任は問われないと憲法は定めている。すべての国民を代表する議員が自由に議論するためだ。それほど尊重されるべきものだ。

政敵にレッテルを張って攻撃する。民主国家・大衆政治の世界では当然のことかもしれません。しかし、そういった行為は議論のレベルを落とします。やりすぎ、使いすぎに注意しなければなりません。

国会内であれば、何を言っても責任を問われはしません。言論の府として特別扱いされていますから。でも、言論のレベルが落ちるという結果は同じです。

  *        *       *

社民党は人数も少ないし、派手なキャッチコピーが欲しいのは判りますけれど、そういったレッテル張りで起きることを考えてほしいと思います。

  *        *       *

憲法の規定により、国会での発言に対しては民事、刑事での責任を問われることはありません。では、社民党の事を「反日売国政党」と呼んだり、「衰退しつつあつ政党」と呼んでも(それが国会議員が国会内での発言である限り)責任を問われることはありません。

でも、こういったレッテル張りでの応酬は、子供の悪口以上のものにはなりません。慎むべきです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 不況の足音 | トップページ | 日本共産党は視野が狭い? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61471091

この記事へのトラックバック一覧です: 社民党が示す政治の劣化:

« 不況の足音 | トップページ | 日本共産党は視野が狭い? »