« 実行犯は誰? | トップページ | 倫理観の高低が社会の繁栄を左右する »

2015年4月16日 (木)

厳しい選択

厳しい選択

47NEWS:ボート移民、転覆で4百人死亡か 地中海、リビアを出発
http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015041501000955.html

非政府組織(NGO)セーブ・ザ・チルドレンは14日、北アフリカのリビアからの移民を乗せイタリアを目指していたボートが地中海で転覆、生存者の証言によると推定400人が溺死したとみられると発表した。

時事通信:不法移民、また1000人救助=「まるでタクシー」と右派批判-伊
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015041200018&g=int

タリア沿岸警備隊は11日、地中海を越えて同国を目指していた不法移民ら約1000人を10日に救助したと明らかにした。イタリア沖では先週も1日で約1500人が救助されており、右派勢力から当局の姿勢に批判の声が上がっている。

貧困や圧政から脱出しようとする人々、受ける人々、そして受け入れると失業したり犯罪や軋轢にさらされることになる人々。

難民受け入れの負担がなければ、助けようと言うのは簡単です。でも、負担だから見殺しせよと言うことも難しい。幸いにして、日本は、多量の難民を受け入れるような状況にはありませんが、朝鮮半島有事や中国大陸での混乱があれば、そういう状況になっても不思議はありません。

思考実験は行っておくべきでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 実行犯は誰? | トップページ | 倫理観の高低が社会の繁栄を左右する »

コメント

「1517」 新刊2冊『余剰の時代』(ベスト新書)と『日本に恐ろしい大きな戦争(ラージ・ウォー)が迫り来る』(講談社)が発売されます。生き延びるための政治思想とアメリカ政治本です。2015年3月13日
http://www.snsi.jp/tops/kouhou/1808


読み捨て御免
昔読んだ作品、最近読んだ作品勝手な解釈で感想を・・

3/16
余剰の時代 副島 隆彦 ベスト新書

「余剰」という人類における深刻な問題をキーワードに近代ヨーロッパの思想史をわかり易く解説した本。
http://blog.livedoor.jp/kenzaemon/archives/50455449.html

↑の書評文に著者本人が加筆したもの

[1763]私の最新刊の 『余剰の時代』 への 書評文(ブックレビュー)を載せます。
投稿日:2015-03-16 14:53:13

http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

投稿: 本 | 2015年4月17日 (金) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61446394

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しい選択:

« 実行犯は誰? | トップページ | 倫理観の高低が社会の繁栄を左右する »