« 中国式民意反映方法 | トップページ | 絶対を要求するひとは »

2015年4月 9日 (木)

沖縄分割論?

沖縄分割論?

琉球新報:安保法制に疑問 NDシンポジウム 佐藤、柳沢氏登壇
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-241415-storytopic-3.html

佐藤氏は「外務省で第1次大戦時のドイツ人のようなことをいう人がいる。『必要は法律を知らない』。自衛隊が出て行く議論でどういう方向に行くかが怖い」と述べた。

安全保障法制で政府が前提とする尖閣諸島の問題については「尖閣は琉球のものだ。中国も尖閣は台湾省のものと認めている。台湾と沖縄の地方政府レベルで実務協定をやれば共同利用ができるかもしれない。沖縄が外交権を回復すれば問題は解決する」と提案した。

「外交権」ということは独立に等しいのではないかと思いますが、佐藤優さんて、こんな極端な方でしたっけ?

  *        *        *

外交には力の裏付けが必要です。言葉がいくら巧みで誠実で道徳的に正しくても、相手が武力を繰り出してきたときに、手も足も出ないのでは、相手はいくらでも約束を破り放題ですから。

沖縄の大きさでは、軍事力も経済力も、不十分です。沖縄に外交権を与えて、で、上手くいくとは思えません。日本政府がバックについて、と言うことであれば、約束に裏書するのは日本政府なので、交渉窓口がひとつ増えただけで現在と変わらないか、より混乱するだけでしょう。

  *        *        *

佐藤優さんて、なんだが、どんどんトンデモな方向に行っているような気がします。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 中国式民意反映方法 | トップページ | 絶対を要求するひとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61414960

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄分割論?:

« 中国式民意反映方法 | トップページ | 絶対を要求するひとは »