« 社民党が示す政治の劣化 | トップページ | いつまで保つかな? »

2015年4月21日 (火)

日本共産党は視野が狭い?

日本共産党は視野が狭い?

しいぶん赤旗 主張:歴史教科書 過去の誤りと向き合う教育を
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-04-21/2015042101_05_1.html

日本とアジア諸国との「和解と友好」にとって歴史問題はきわめて大切な課題です。アジア諸国は日本の侵略戦争と植民地支配により、深刻な被害を受けた国々に他ならないからです。

その一つの重要な分野に歴史教育があります。近現代史を学び、過去の誤りを知ることは、日本の子どもたちがアジアの人々と共生していくためにも不可欠です。しかし、かつての戦争について「しっかりと教わった」という人は日本では13%で、ドイツの48%と大きく違います(「朝日」14日付)。戦後70年の今年、社会全体で解決にあたる必要のある課題です。

自分の誤り、あるいは残虐性を知ることは必要なことです。しかし、それでは十分ではありません。他人の誤りや残虐性も知る必要があります。何故なら、世界のみんな優しくて良い人ではないし、他人の誤りから学ぶものもあるからです。

  *        *        *

私は、日本が無謬であるとは思いませんし、残虐な事をしたことがないとは思いません。そのことを知るのは必要なことであるとも思います。でも、教育が幸せな人生を歩ませる為にあるのであれば、他人も誤ること、他人も残虐になり得ることを知るのも必要なことです。

  *        *        *

十分な証拠(正当性のある資料)に基づいて日本の誤りについて教育することに反対ありません。しかし、同時に、他国の誤りや残虐性についても知っておく必要があります。例えば、中国がチベットや南シナ海で何をしているか、韓国がベトナム戦争で何をしたか、ソ連が自国民に対して何をしたか、北朝鮮が日本国民を拉致していること、アメリカがインディアンに対して何をしたか、イギリスやフランスが植民地で何をしたか、こういった事も知ることも必要なことではないでしょうか。

  *        *        *

自分のことだけで良い。これは子供の発想です。それでは幸せな人生は遅れません。日本共産党の主張は(部分的には正しいですが)人間を幸せにするものではないと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 社民党が示す政治の劣化 | トップページ | いつまで保つかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61474434

この記事へのトラックバック一覧です: 日本共産党は視野が狭い?:

« 社民党が示す政治の劣化 | トップページ | いつまで保つかな? »