« アメリカの道徳性によってベトナムは勝利した | トップページ | 原発を止めると »

2015年5月 1日 (金)

孤立して大丈夫ですか?

孤立して大丈夫ですか?

しんぶん赤旗:安倍首相 米議会演説 「希望」どころか「屈辱」の同盟 「戦争立法」・TPP・沖縄新基地 米の歓心得るため国民犠牲
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-05-01/2015050101_01_1.html

「希望の同盟」。首相は演説をこう締めくくりました。日本の首相として初めて合同会議での演説を認められたことで、舞い上がっていました。しかし、米の歓心を得るために、これだけ国民に犠牲を強いようとしているのです。これでは「希望」どころか、「屈辱の同盟」です。

なるほどアメリカの歓心を得ようとしたのかもしれません。しかし、日本の周辺の強大国、ロシア・中国・アメリカの三ヶ国で一番話ができるのはどの国でしょうか。法律を守るのはどの国でしょうか、人権や自由を尊重するのはどの国でしょうか。それを考えて日本が関係を良くするべきなのはどの国でしょうか。

それはアメリカです。

そして、膨張主義で人権や自由を軽視する国はどこでしょうか。

それは中国です。

日本は中国と単独で渡り合えるでしょうか?

  *      *      *

アメリカだって自国の利益を優先するし(日本の利益よりアメリカの利益を優先するでしょう)、暴力をふるうこともあります。それはヤクザのようなものでもあります。しかし、一番紳士的なヤクザでもあります。

  *      *      *

私も「従米」と思わないではありません。しかし、日本が自由と人権を尊重する国でありたいなら、アメリカとの関係を良くしておくことは必要なことではないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« アメリカの道徳性によってベトナムは勝利した | トップページ | 原発を止めると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61524218

この記事へのトラックバック一覧です: 孤立して大丈夫ですか?:

« アメリカの道徳性によってベトナムは勝利した | トップページ | 原発を止めると »