« 誰の仕事? | トップページ | 時間がかかると »

2015年5月31日 (日)

オスプレイの写メ送ったら

オスプレイの写メ送ったら

デーリー東北新聞社:野党共闘 秘密保護法の轍は踏むな(5月31日掲載)
http://www.daily-tohoku.co.jp/jihyo/jihyo.html

2013年に成立した特定秘密保護法では、民主党の求心力不足もあって、維新の党の前身である日本維新の会と、みんなの党(当時)が法律の骨格に影響を及ぼさない小幅な修正で与党側と合意。与党が採決強行に踏み切ったのを引き金に、みんなの党は分裂した。今度はその轍(てつ)を踏まないよう求めたい。

政党間の駆け引きには関わりの無い一般人としては、当時の政党やマスコミ・市民運動がどんな事を言っていて、現在の状況と比較して当たっているかどうかを思い出すべきでしょう。詳細に法案の言葉について議論されても、一般人には判断出来ないことが多いです。でも、言っていたことが実現したかどうかは判ります。

特定秘密保護法の時には、民主主義の危機が言われました。映画が作れなくなると言った映画監督もいます。オスプレイをスマホで撮影して写メ送ったら逮捕されると言った方もいます。

さて、そういった事は起こったでしょうか。起きつつあるでしょうか。

私には、全く、そういった事は起きていないと思えます。

  *        *        *

また、今回の安全保障関連法案に反対している方々と特定秘密保護法に反対していた方々は重なっているように思えます。ですから、私は、反対する方々の言葉をそのままでは信用できないのです。彼らは反対する為に、大袈裟な言葉を使ったという実績がありますから、割り引いて聞かねばなりません。

  *        *        *

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉があります。賢者になれなくても2013年の経験を忘れないようにしたいものです。引用元の記事とは方向は別ですが、経験に学ぶべきであるのはそのとおりです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 誰の仕事? | トップページ | 時間がかかると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61671577

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイの写メ送ったら:

« 誰の仕事? | トップページ | 時間がかかると »