« 戦争の残酷さを認めた上で | トップページ | 理念は良いけど »

2015年5月16日 (土)

死に方で

死に方で

北海道新聞:首相「殉職自衛隊員1800人いる」 「戦死者」への批判かわす狙い
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0134402.html

新たな安全保障関連法案を閣議決定した14日の記者会見で、安倍晋三首相が自衛隊員のリスクについて「今までも1800人の隊員が殉職している」と述べたことに波紋が広がっている。殉職者の大半は任務中の事故によるもので、戦闘に巻き込まれて亡くなった隊員は、過去1人もいない。隊員に「戦死者」が出かねないとの批判をかわす狙いとみられるが、性質の違う数字を挙げる首相の論法に、専門家は「論理のすり替えだ」と批判している。 



憲法9条の下、戦後、自衛隊員が戦闘で殉職した例はなく、野党は「今回の法整備によって、戦闘に巻き込まれて死亡する隊員が出かねない」と危惧する。専門家からも「首相は戦死者が出ても驚くことではないと言っているようだ」「自衛隊員の殉職はやむを得ないとも聞こえる」と批判の声も上がる。

死に方で差があるのだろうか。確かに印象は異なる。しかし、それを是としてしまうと、自殺だったら、交通事故だったら、病死だったら、過労死だったら、津波で死んだ場合は...と言うことになりはしないだろうか。

  *        *        *

死に方で世間の対応が異なることは否定しないが、命に差をつけることになる。それは平等という理念からみて、正しいことなのだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 戦争の残酷さを認めた上で | トップページ | 理念は良いけど »

コメント

ハンコックのタイヤの空気を入れていたらパンクして タイヤが当たって死んだ女性自衛官がいましたね。
民主党がハンコックに替えたと聞きました。
殉職なのでしょうか?
彼女には いくら払われたのでしょうか。

投稿: 八目山人 | 2015年5月17日 (日) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61599147

この記事へのトラックバック一覧です: 死に方で:

« 戦争の残酷さを認めた上で | トップページ | 理念は良いけど »