« ホルムス海峡封鎖 | トップページ | 数合わせは不可能 »

2015年5月28日 (木)

紛争を起こせと?

紛争を起こせと?

宮崎日日新聞 社説:安保法案審議入り
http://www.the-miyanichi.co.jp/shasetsu/_12564.html

安倍晋三首相は「政治家は平和を願うだけではなく、果敢に行動していかなければならない」と法案成立に意欲を表明した。

法整備により米国との切れ目ない協力関係が強化され、抑止力が高まることで平和な暮らしを守ることができると繰り返している。

平和とは何だろうか。法整備が不可欠、しかも夏までの成立を目指すということは、今は平和ではないということなのだろうか。

そうであればまず、今、日本が置かれている状況を国民に分かりやすく解説すべきだろう。必要性と、なぜ今なのかという時期の必然性がそれでようやく分かる。

「そうであればまず、今、日本が置かれている状況を国民に分かりやすく解説すべきだろう」

だれに説明を求めているのでしょうか。この文だけでは判りませんけれど、文脈からすると安倍首相、あるいは政府に、でしょう。

これは、つまり公式に「中国は脅威である(中国を仮想敵としている)」と言えという事です。

そんな事をしたらどうなるでしょうか。日中の対立はさらに激化するに違いありません。

   *        *        *

新聞の社説を書くような方は、知的レベルの高い方であるに違いありません。しかし、そんな方が提言が実行されたら不幸なこと、日中の対立が深まるであろうことを要求するのは何故なのでしょうか。

戦争を起こしたいのでしょうか?

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« ホルムス海峡封鎖 | トップページ | 数合わせは不可能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61656101

この記事へのトラックバック一覧です: 紛争を起こせと?:

« ホルムス海峡封鎖 | トップページ | 数合わせは不可能 »