« 数合わせは不可能 | トップページ | 大学入試ならともかく »

2015年5月29日 (金)

「日本は断れるのか」?

「日本は断れるのか」?

毎日新聞 社説:安保転換を問う・米軍協力の当否
http://mainichi.jp/opinion/news/20150529k0000m070176000c.html

米国が間違った戦争を始め、自衛隊に協力を求めてきたら、日本は断れるのか。そのことが、安全保障関連法案の国会審議で、論点になっている。安倍晋三首相は、米国に言われるままに武力を行使することはなく、主体的に判断するという。

日本がアメリカの言いなりになるかどうか。それは憲法解釈や安保法制にではなく、日本の実力にかかっているのではないか。

  *        *        *

日本に実力がなければ、憲法の縛りがあってもアメリカは無理難題をおしつけてくる。さまざまな理由をつけて軍事費を負担させたり支援をさせるだろう。最悪の場合、警官や民間人を戦場に立たせるだろう。

  *        *        *

朝鮮戦争を思い出してみよう。当時の日米の国力差は現在よりもはるかに大きかった。日本はアメリカ(国連軍)の要請によって海上保安庁の掃海部隊を戦場に送った。

  *        *        *

安保法制があるからアメリカの要請を断れないのではない。日本に実力がなければ断れない。法律や憲法でしばられていた場合は、抜け道やアンダーグランドな協力をさせられることになるだけだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 数合わせは不可能 | トップページ | 大学入試ならともかく »

コメント

第一次世界大戦時 同盟国のイギリスから参戦を強く依頼されたが、日本は陸軍を出さなかった。国会で野党から非難されたからです。 

岡崎久彦氏は、これが日英同盟の破棄に繋がり、さらには太平洋戦争に繋がっていったと述べておられます。

投稿: 八目山人 | 2015年5月29日 (金) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61661685

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本は断れるのか」?:

« 数合わせは不可能 | トップページ | 大学入試ならともかく »