« 死に方で | トップページ | 政党支持と住民投票 »

2015年5月17日 (日)

理念は良いけど

理念は良いけど

朝日新聞 社説:少年法と年齢―引き下げる時ではない( 2015 年05月17日(日) )
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

また、重い罪を犯した場合、少年法の対象とはいえ18、19歳の扱いは成人にかなり近くなっている。犯罪時点で18歳未満なら死刑は無期刑になり、無期刑も減刑されうるが、18、19歳にはこの緩和はない。

「人は変われる」との立場にたつ少年法の理念は本来、大人にも生かされるべきものだ。対象を絞り込むよりむしろ、その理念を成人の刑務所での処遇や保護観察にも広げることに目を向けるときではないか。

「人は変われる」、確かにその通りだろう。では、それはどうやれば実現する?変わったと判断する基準は?

  *        *        *

自分は技術者であり、理論・理念も大事だけれど現実に動作するかしないかの方がもっと大事だ。理論的には動くはずと言う方法よりも、よりも昨日この方法で動いたという実績の方を重視する。

  *        *        *

「人は変われる」、理念としては判るし反対しない。しかし、それに基づいて何かを実行しようとするなら、変わる方法や変わった事を判定できる手段が必要ではないか。

単純に「人は変われる」と言って刑罰を与えることに反対するのことには賛成できない。

  *        *        *

ところで、

18、19歳の犯罪が増えているわけでもない。刑法犯となる件数は、03年の約2万9千人から13年の約1万1千人と、むしろ大きく減る傾向にある。

厳罰化が進んだから減少したとも言えるし、件数が減少すればひとつひとつの犯罪が目立つようにもなる、社会に与えた影響という意味では、厳罰の方がふさわしくなるとも言える。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 死に方で | トップページ | 政党支持と住民投票 »

コメント

個人的には銃社会でもない日本で人を殺めたり、人を死に追いやったりすることができるなら、してしまったら大人として扱うべきだと思います(若さゆえの未熟さはあるとしても)

犯罪数が減ってるといっても警察が認知してるものだけです。
実際は被害届出されてなかったり、受理されなかったりなどあるようです。(泣き寝入り)

私としては現状はどうあれ選挙権、結婚18歳、飲酒は20歳、少年法対象、喫煙は16歳希望です。

あと受刑者は意外と罪と向き合うなんてしてないようです。ドキュメンタリー見て思いました。
漫然と刑務所で過ごしていざ出所、再犯。
これ多い。
キリスト教みたいに「告白」「懺悔」がいるかな。

ほんとに更正できる人は一部。

投稿: kan | 2015年5月17日 (日) 15時57分

わいせつ芸能プロ社長逮捕でアイドルからタレコミが...|ほぼ週刊吉田豪

2015年05月17日

ろくでもない業界関係者が相次いで逮捕されている今日この頃。
この間の事件どうやらどちらの社長もかなりの常習犯だったようです。

17歳の女の子を「物販用の生写真撮影のため」といってホテルに連れて行き、襲おうとして地下アイドル系の芸能事務所社長が逮捕された事件が2011年にあったんですけど、去年ぐらいにその社長が名前を変えてしれっと業界に復帰

そういう人を追放するためにも酷い目に遭った人はみんなちゃんと被害届を出したほうがいいですよってことです。
http://n-knuckles.com/serialization/yoshida/news001967.html


泣き寝入りの女性が相当多いみたいです。
声を上げれるようになるのにも時間がかかる。
闘える女性ばかりではないのが現実。

投稿: 豪 | 2015年5月17日 (日) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61600893

この記事へのトラックバック一覧です: 理念は良いけど:

« 死に方で | トップページ | 政党支持と住民投票 »