« 憲法の死文化を予想する | トップページ | 世界遺産で嫌韓が進むだろう »

2015年5月 5日 (火)

マスコミは反省しない

マスコミは反省しない

産経新聞:「アラブの『春』は冬に転じた」元CIA副長官が過激派動向読み違え認める
http://www.sankei.com/world/news/150504/wor1505040046-n1.html

米中央情報局(CIA)副長官を2013年まで務めたマイケル・モレル氏が近く発売される著書で、中東民主化運動「アラブの春」が国際テロ組織アルカーイダなどイスラム過激派に及ぼす影響をCIAは読み違えたと告白した。本を事前入手したワシントン・ポスト電子版が3日報じた。

大衆運動が革命を導いたアラブの春により、過激派のテロ路線は説得力を失うとCIAは予測。しかし現実には、その後の中東の混迷が過激派を利することになり、過激派は勢いを取り戻した。

モレル氏は「対テロの視点に立つと、アラブの『春』は冬に転じた」と記した。

アラブの春が起きた時、日本のマスコミ・有識者でアルカイダやISILのような過激派が台頭することを予想したところはあるでしょうか。外務省やシンクタンクなどの専門機関には予測したところはあるでしょう。しかし、報道されたものは、私の知るかぎり、独裁者打倒&民主化は良いこと程度のものばかりでした。

   *        *        *

米中央情報局(CIA)などの予測・判断は検証され報道される。しかし、ワイドショー的ニュース番組(「有識者」がコメントするような番組)で報道された内容が検証されたことがあるでしょうか。

誤報・捏造・ヤラセについては検証されたりもしますが、アラブの春が起きてどうなるかなどといった将来予測につては、検証も反省もされているとは思えません。

   *        *        *

事件事故が起きて、あるいは革命的な出来事が起きて、その結果どうなるか、社会はどういう方向へ動いて行くかマスコミの予想はあてになりません。

アラブの春で民主化されて良い国になる、安倍政権で戦争になる、マスコミを眺めているとこういった言葉を目にします。しかし検証もされることがない予想とも言えないウワサレベルのものだと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 憲法の死文化を予想する | トップページ | 世界遺産で嫌韓が進むだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61540811

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミは反省しない:

» 衝撃・冨田尚弥選手冤罪事件続報 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
↓のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 橋下徹はコリア系アナーキスト大 [続きを読む]

受信: 2015年5月 5日 (火) 16時54分

« 憲法の死文化を予想する | トップページ | 世界遺産で嫌韓が進むだろう »