« 掛け声だけでは | トップページ | わけがわかりません »

2015年6月10日 (水)

謝罪が癒しになるか?

謝罪が癒しになるか?

日本経済新聞:中韓との和解「努力継続を」 70年談話有識者会議の議事録公開
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS09H30_Z00C15A6PP8000/

議事録によると有識者が日本政府とアジア諸国の和解の取り組みの歴史について説明。出席者から「謝罪では和解はできない」など改めてのおわび表明に慎重論が出た一方、韓国の慰安婦問題に対し「気持ちの上で慰安婦が癒やしを得る方法を考えていくべきだ」などの意見もあった。

個人としては同情もする。しかし、日本の(日本政府の)謝罪が彼女達の癒しになるだろうか。

  *        *       *

自分を売った人間、売られた理由、戦争が終わってからの経験、そういったものへの納得がなければ癒しにはならないだろう。そして日本政府の謝罪がそういったものを生み出すことはない。確かに謝罪は「勝利」だし達成感もあるだろう。しかし、癒しになるかどうかは疑問だ。

  *        *       *

日本政府の謝罪は個人の癒しではなく、政治的闘争の道具となっている。現在の状況下での謝罪は、韓国の優越感を刺激してさらなる謝罪を求める動機となると同時に、日本を不快にさせることになるだけで、和解も癒しもたらすことはない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 掛け声だけでは | トップページ | わけがわかりません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61721119

この記事へのトラックバック一覧です: 謝罪が癒しになるか?:

« 掛け声だけでは | トップページ | わけがわかりません »