« 個別的自衛権が合憲なら集団的自衛権も合憲 | トップページ | 雨を怖がる、雨傘を怖がる »

2015年6月18日 (木)

十分じゃないですかね

十分じゃないですかね

産経新聞:安倍首相「岡田さんは答えられないのか?」 岡田氏「集団的自衛権はいらない」
http://www.sankei.com/politics/news/150617/plt1506170036-n3.html

岡田氏「今の首相の答弁を聞いて、だからやはり憲法違反だと私は思う。つまり、何が憲法に合致し、何が違反するのかということは、法律できちんと決められなければいけない。ところが首相は今、いろいろ言われた。今までの政府の答弁はこうだ。『事態の個別、具体的な状況に即して、主に攻撃国の意思、能力、事態の発生場所、その規模、態様、推移などの要素を総合的に考慮し、わが国に戦禍が及ぶ蓋然性、国民が被ることになる犠牲の深刻性、重大性などから客観的、合理的に判断する』。何も言っていないに等しい」

いや、これぐらいで十分じゃないですかね。詳細に定義されてもオイラは理解できないし、ルールで細かく細かく決めても現実がルールに従ってくれるわけじゃないし。

  *        *       *

国民にとって重要なのは細かいルールがどうなっているかよりも、時の施政者の判断が正しいかどうかだ。国民が、正しく判断できる人間を選んでいれば何も問題はない。と言うか、国民が選んだ人間を正しいとするしかないのだけれど。

  *        *       *

ルールでがんじがらめ、ルール、つまりマニュアルがないと何もできない指導者なんて役立たずではないかな。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 個別的自衛権が合憲なら集団的自衛権も合憲 | トップページ | 雨を怖がる、雨傘を怖がる »

コメント

 まさにおっしゃる通り。マニアル管理は多国籍移民で構成されているアメリカや西洋で必要な管理手法。
 一つの国に一つの言語一つの民族という日本ではまさに阿吽の呼吸がスタンダードの手法。
 もっとも外交でこの手法を使用したのが間違い。特に言葉の通じない特亜3国(ダニ国家)に対しては子供の対応(大人の対応はつうじない)を倍返しで実践する必要がある。
 日本から早く売国議員と帰化人代議士を反日罪で祖国へ追放してあげましょう。

投稿: しょうちゃんのつぶやき | 2015年6月18日 (木) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61758371

この記事へのトラックバック一覧です: 十分じゃないですかね:

« 個別的自衛権が合憲なら集団的自衛権も合憲 | トップページ | 雨を怖がる、雨傘を怖がる »