« 新たな「関東軍」の誕生 | トップページ | 個別的自衛権が合憲なら集団的自衛権も合憲 »

2015年6月17日 (水)

60年安保以来の55年間で何が起きたか

60年安保以来の55年間で何が起きたか

しんぶん赤旗:戦争法案反対 演劇人36団体 「60年安保闘争以来」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-06-16/2015061601_02_1.html

演劇人でつくる「安保体制打破 新劇人会議」は15日、国会内で会見し、5月に発表した同会議の声明「憲法9条を壊す『戦争立法』=平和安全法制整備法案・国際平和支援法案に反対します」に劇団や演劇団体など36団体(第1次集約分)から賛同が寄せられたと発表しました。同会議によれば、演劇関係団体が記者会見で政治的課題について共同で反対の意思表示をするのは「60年安保闘争以来のこと」です。

60年安保闘争って勝利したんだっけ? 成果(戦果)があったんだっけ?

結局、日米安全保障条約は批准されましたよね。運動に参加した個々人の目的は判りませんが、主目的だった条約の批准阻止には失敗してますから、戦果もなく敗北したと言えるでしょう。

そう、平和を求めた運動は敗北した。

  *        *      *

で、運動が敗北した結果、なにが起きたでしょうか。反対勢力が言ったように戦争になったでしょうか。

  *        *      *

60年安保、つまり1960年。それから55年が経過しました。日本は戦争したでしょうか、しなかったでしょうか。戦争に近づいたでしょうか、近づいたならそれはどこからでしょうか。

60年安保以降の55年で、日本は戦争しませんでした。

では、この55年で日本は戦争に近づいたでしょうか。未来のことは判りませんけれど、戦争は近づいているように思います。それは日本の内側からではなく外側から、具体的には中国から近づいているように思います。ですが、中国には中国の都合があって軍事増強し膨張していますので、日米安保が原因で戦争が近づいたわけではありません。

戦争は近づいたけれど、それは日米安保が原因ではありません。

  *        *      *

「60年安保闘争以来のこと」だそうです。その日米安保は戦争に結びつきませんでした。日米安保を解消したら平和になるなどと言う人間もいないでしょう(いても極小数でしょう)。

「歴史は繰り返す」という言葉がありますけれど、60年安保を繰り返すならば、すったもんだがあっても集団的自衛権の行使は許されるようになり、その結果、日本の平和は継続するという事になります。

60年安保闘争に学ぶのであれば、集団的自衛権の行使は認めるべきで、闘争は誤りということになります。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 新たな「関東軍」の誕生 | トップページ | 個別的自衛権が合憲なら集団的自衛権も合憲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61753913

この記事へのトラックバック一覧です: 60年安保以来の55年間で何が起きたか:

« 新たな「関東軍」の誕生 | トップページ | 個別的自衛権が合憲なら集団的自衛権も合憲 »