« 沖縄が独立したら | トップページ | 政治家であるならば »

2015年6月30日 (火)

沖縄独立とパラオ

沖縄独立とパラオ

朝日新聞:日本からの「独立論」強まる沖縄 描く青写真は
http://dot.asahi.com/aera/2015062900036.html?page=2

琉球独立への意欲は本物だが、それでは独立に向け、どんな青写真を描いているのか。

『琉球独立論』(バジリコ)の著者で、同学会の共同代表を務める松島泰勝・龍谷大学教授は、こんなプランを説明する。

(1)国連の脱植民地化特別委員会で「非自治地域」に登録させるため、県議会で決議を行う。
(2)登録後、国連監視下で住民投票し、独立が決定すれば独立を宣言する。
(3)世界にいる50万人の琉球出身者の協力も得ながら、各国に働きかけて国家承認を求める。

松島さんによれば、南太平洋にある人口1万人のツバルや2万人のパラオも戦後、独立を達成している。

転職や脱サラ(サラリーマンを辞めて独立して仕事をすること)の場合、問題なのは会社を辞めることまでの手続きじゃなくて、会社を辞めた後の生活設計だよ。辞めてなんとかなるなら、辞め方なんて大きな問題じゃない。多少強引な方辞めたとしても、辞めたあと、ちゃんとした生活が出来るなら問題ない。

  *        *        *

ところで、「南太平洋にある人口1万人のツバルや2万人のパラオも戦後、独立を達成している」とあったので、ぐぐってみたら以下を見つけた。

ウィキペディア:軍隊を保有していない国家の一覧
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8D%E9%9A%8A%E3%82%92%E4%BF%9D%E6%9C%89%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E7.89.B9.E5.AE.9A.E3.81.AE.E5.9B.BD.E5.AE.B6.E3.81.AB.E9.98.B2.E8.A1.9B.E3.82.92.E4.BE.9D.E5.AD.98.E3.81.99.E3.82.8B.E5.9B.BD.E5.AE.B6

パラオ - 非核憲法を持つが、自由連合により国防の権限は米国が持つ。米軍実戦部隊は駐留していない。パラオ市民が米国軍人として数多く採用されている。

どこまで信じてよい情報か判りませんけれど、アメリカに守ってもらって、アメリカの軍人になるというのは、現在の沖縄と比べて良い状態とは思えません。

  *        *        *

独立は、するまでも大変だろうけれど、独立したあとも大変だと思います。特に、軍事力によってでの独立じゃない場合は。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 沖縄が独立したら | トップページ | 政治家であるならば »

コメント

地方自治体の中には、市町村単独で行うのには手に余る所から、消防などの一部の行政では行政組合なる物をいくつかの自治体で設置して、その中で行うと言う事があります。
極小国の国防もこんな所に落ち着いているようですな。

投稿: DUCE | 2015年6月30日 (火) 20時53分

独立したらすぐに中国に併合されるのでは?
なんか中国国内のデモで、琉球中国みたいな
プラカードを見たし。
まずは中国人を大量に移住させて、それから
軍事的に占領かな?

投稿: にゃ | 2015年7月 1日 (水) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61814966

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄独立とパラオ:

« 沖縄が独立したら | トップページ | 政治家であるならば »